Martin-Cox

女子には聞けない日焼け止め知識
「UV」「SPF」「PA」って何?

男にも美白が必要な理由については「バカな細胞が健康を脅かす? 男の肌にも美白が必要なワケ」でも紹介したが、紫外線が強くなるこれからの季節は「予防ケア」も怠ってはいけない。特に、外回りの多いビジネスマンは紫外線を浴びる機会も多く、「日焼け止め」は必須アイテムと言える。そこで今回は、日焼け止めを購入する際に知っておきたい、「UV」「SPF」「PA」などの用語の意味を解説しよう。

 

そもそも「紫外線」とは?

 

太陽の光には、目に見える光の他に、目には見えない「赤外線」や「紫外線」が含まれている。そのなかでも「紫外線」は、波長の違いによって「UVA=紫外線A波」、「UVB=紫外線B波」、「UVC=紫外線C波」の3種類に分類される。「UVC」はオゾン層によって吸収されるため地上には到達しないが、「UVA」と「UVB」の一部は、天気に関わらず、1年中地上に降り注ぎ、シミやシワ、たるみなどの肌老化を引き起こす原因になるとされている。ちなみに1年間で紫外線量が多いのは、5月~8月。

 

UVA

「UVA」とは、生活紫外線とも言われ、地上に到達する紫外線の9割を占める。さらに、雲やガラス窓なども通過して肌の奥まで届くとされる。浴びてすぐに肌を黒くする。

 

UVB

「UVB」とは、レジャー紫外線とも言われ、屋外での日焼けの主な原因とされる。浴びた数時間後に肌がヒリヒリしたり、赤い炎症をひき起こす。赤みが引くと黒くなる。

 

SPF

「SPF」とは「sun protection factor」の略で、紫外線B波(UVB)を防ぐ指標となる数値。防止効果はSPFの後に表記される数値で表され、その数値が大きいほどその防止効果は高くなり、最高値は「50」。50よりも高い値の場合は、「SPF50+」と表示される。

 

PA

「PA」とは「Protection Grade of UVA」の略で、紫外線A波(UVA)を防ぐ指標。防止効果はPA後に表記される「+」の数で表され、「+」の数が多いほど、防止効果が高いことを示し、「PA+」から「PA++++」までの4段階がある。

 

 

写真/Martin Cox 文/GROOMEN編集部