saito-reona-25

スキンケアの基本に立ち返るなら
注目したい製薬会社処方

GROOMEN読者の皆さま、こんにちは。

季節は移り変わり気が付けばすっかり年末といった雰囲気ですが、いかがお過ごしですか?

 

冬は肌が冷たい外気にさらされて乾燥しているかと思えば、それを補おうとする働きで皮脂が活発に分泌されてベタつきが気になったりとコンディションに気を付けたい季節。でも、特別なことをする必要はなくてきちんと当たり前のスキンケアを見直してみることが

一番大切なことだと思いますよ。

 

最近はメンズ美容に対する意識の高まりをうけてパッケージデザインや香りなどオシャレさにこだわったりハイスペックな効能を期待するアイテムなども沢山あるので、何を選ぶべきか分からないという時には基本に立ち返り洗顔と保湿をしっかりするという目線で考えてみるのがおススメです。

 

スキンケアの本質は汚れや不要な皮脂を落として水分と必要なだけの油分を補い肌を健やかに保つこと。そして習慣化することが大切かと。

 

そこで今回注目していただきたいブランドが「MINON MEN(ミノンメン)」。いわゆる化粧品会社ではなく製薬会社の第一三共ヘルスケアが展開するメンズスキンケアブランド。製薬会社ならではの皮膚科学に基づいて敏感肌を考えた処方設計というから期待大。

 

今月の連載25回は今年秋に発売された「MINON MEN」からスキンケアに関する4アイテムをご紹介いたします。

 

IMG_4158

左からフェイスウォッシュ150ml ¥1,500、薬用フェイスローション(医薬部外品)150ml ¥1,500、薬用フェイスミルク(医薬部外品)100ml ¥1,800、フィニッシング セラム60g ¥1,800

 

乾燥もベタつきも気になる男性肌研究から生まれた「肌対策」を謳い、うるおい補給型アミノ酸(プロリン、アミノ酸誘導体)=保湿、うるおいバランス型アミノ酸(アスパラギン酸)=整肌といった有効成分に加えて、無香料無着色、アルコールフリー、パラベンフリー、アレルギーテスト済みという肌への優しさの徹底ぶり。

 

004

 

まずご紹介するのはフェイスウォッシュ(洗顔料)。

泡立て不要のポンプタイプ容器で時間のない方にも良さそう。

 

007

 

1回分の推奨使用量である2プッシュ分を出すとこのくらいに。

 

008

 

泡が固めでしっかりしているので少し伸ばしてみてもしばらくかたちを保っていました。

 

実際に洗顔してみると最初は2プッシュではちょっと泡が少ないかなと感じたものの意外なほど泡持ちが良く泡が厚くなりすぎない分しっかりと隅々まで時間をかけて洗える感覚が新鮮でした。また、洗い上りは驚くほど肌表面がつるっとしてきめ細かな泡でしっかり汚れ落ちしているのが分かりますよ。

 

009

 

次は薬用フェイスローション(化粧水)。

こちらはたっぷり使いたくなるサラッとした質感のシンプルな化粧水。

 

013

 

コンセプト通り無香料かつ刺激の無い使い心地で一見特徴が無いようにも思いますが、肌なじみが良くすっと吸い込まれて消えていくイメージでさすが商品力はしっかり。そのサラッとした質感がベタつきを嫌う男性に受けそうな印象です。

 

020

 

薬用フェイスミルク

意外と洗顔と化粧水まではしっかりしながら仕上げに乳液まで使用しているという方は少ないのではないでしょうか?!でも、ベタつきやテカリを恐れるあまり使わないのはもったいない効果があるのです。

 

021

 

仕上げに乳液を使うことで化粧水で肌に与えた潤いを逃さず乾燥を防ぐことで皮脂の分泌を抑えるため、結果としては逆にベタつかずテカリを遠ざけてくれることに。特に本製品には皮脂吸着パウダーを配合とのことでその効果も抜群。

また、肌のごわつきをなめらかに整えたりニキビや肌荒れも防いでくれることも期待できるので是非お試しを。

 

015

 

そして最後はフィニッシング セラム(美容液)です。

一般的にメンズのスキンケアでは洗顔で汚れを落として、化粧水で肌を整えて、乳液で潤いを閉じ込めるという3ステップが基本ですがさらに一歩踏み込んで是非取り入れて欲しいのが美容液。

 

016

 

その名の通りスキンケアの総仕上げとして顔から首筋まで薄く伸ばすようになじませるとサラッとしっとりすべすべの仕上がりに。特に乾燥ダメージが気になる目や口の周りには少量を取って重ね付けもおススメ!最後にひと手間加えるときっと差が付きますよ。

 

改めてですが男性の肌は皮脂量が多くて水分不足、乾燥を補おうと出てきた皮脂が刺激となって肌荒れやトラブル引き起こすといわれていますので、きちんと洗顔した後で必要な水分と油分をしっかり

補給してバランスを整えることが大事なんですね。

 

赤ちゃんの肌にも優しい商品群というイメージのミノンブランドとしてそのメンズスキンケアは想像通り肌に優しく、そして想像以上にクオリティが高いアイテムだと思いました。製薬会社ならではの

クオリティと安心感、プライスのバランスはコスパ感もあり玄人の方からもしっかりと支持されそうです。

 

では、次回以降もお付き合いいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

Reona-saito

齋藤 玲緒奈 (さいとう れおな)

株式会社アバハウスインターナショナル マーケティング部 部長。1978年生まれ仙台市出身。明治大学経営学部卒。新卒で入社以来、プレス・販売促進としてキャリアを積み現職に。妻はヘア&メイク、妹はモデルと家族そろっての美容好き。

▶齋藤玲緒奈の他の記事を読む