top

メイク男子のたしなみ
フェイスマッサージで顔色良好!

プロに学ぶメンズメイク①

ファンデーションにアイシャドウ、マスカラに口紅…女性は様々なアイテムを駆使して自分の顔にメイクを施すが、“美しく見せる”という目的はもちろん“コンプレックスを隠す”意味合いも大きいように思う。小さい目を大きく見せたい、ニキビ痕を隠したい、そんな悩みをカバーするため、彼女たちは日々メイクを施す。

 

もちろん男にだってコンプレックスはある。気になるシミやクマを消したい、キリッとした眉を手に入れたい…女性たちと同じような悩みを抱えているのだから、「男はメイクをしてはいけない」と言う権利は誰にもない! というわけで、数回にわたり「プロに学ぶメンズメイク」を紹介していきたい。

 

第1回となる今回は、メイク前の下準備。どんなテクニックを使おうと土台が整っていなければ効果は半減。ということで、メイク前に欠かせないフェイスマッサージをご紹介。教えてくれるのは、全国50店舗でヘアメイクサービスを提供する『アトリエはるか』のトップヘアメイクアーティスト・佐藤敦俊さんだ。

 

スキンケアついでのマッサージで、

顔色がグンと明るく健康的に!

 

顔のコリをほぐし、くすみやむくみをクリアにしてからメイクに取りかかろう。普段、マッサージの習慣の無い男たちは、これだけで顔色が明るくなる。

 

1.洗顔・化粧水で肌を整えた後、乳液orクリームを顔全体に塗る

化粧水で肌に潤いを与え、乳液orクリームで保湿&肌の滑りを良くする。いずれのアイテムも、普段使っているものでOK。

 

2.額→目元→小鼻→口角の順番にマッサージ

親指以外の4本の指の腹を使って、顔全体をマッサージ。全体的にリフトアップを意識して、「内から外へ、下から上へ」マッサージしていこう。

 

【額】

額の中央から外側へ向かって指を滑らせる。×5回

02

 

 

【目元】

目頭からこめかみに向かって指を滑らせる。×5回

03

 

【小鼻】

鼻を両手の指で挟むようにして、こめかみに向かって指を滑らせる。×5回

06

04

 

【口角】

口角の両サイドからこめかみに向かって指を滑らせる。×5回

08

 

3.目元と顎のラインをさらに重点的にマッサージ

むくみがちな目元、たるみがちなフェイスラインはさらに重点的にマッサージを。目元はアイクリームで潤いを与えてから行うと、ハリが生まれてさらにGood。

 

【目元】

①目頭から目の下を通ってこめかみの方へ指を滑らせる。②こめかみをほぐすように、指でぐるぐると10回転。

10

 

③そのまま首の方へ指を滑らせ、リンパを流す。①~③までの動きを×5回。

11

 

【顎】

両手とも軽く握ってグーの形にし、人差し指と中指の第二関節で顎を挟む。①フェイスラインをなぞるように、顎先から耳の下の方まで指を滑らせる。少し力を入れて、溜まった老廃物を押し流すことを意識しよう。

15

 

②指の形をキープしたまま、首の方へ流す。①②の動きを×5回。

13

 

【Before】

01

 

【After】

016

 

顔全体の血行が良くなり、むくみも解消! 佐藤さん曰く、「毎日続けていると小顔効果も期待できますよ」とのこと。是非メイクをするしないに関わらず実践して欲しい。これで準備は万端、次回からいよいよメイクアップスタートだ。

 

<教えてくれたのはこの人>

029

佐藤敦俊(さとうあつとし)

「アトリエはるか」トップヘアメイクアーティスト兼教育事業部マネージャー。2003年アトリエはるか入社、店長やエリアチーフとして店舗の立ち上げからアーティスト育成まで幅広く携わる。高い技術とセンスで外部からの派遣依頼も多く、多岐に渡り活躍中。

 

 

写真/高田みづほ

取材・文/芳賀直美

取材協力:アトリエはるか フォトスタジオ