main

2017年、男の肌に宇宙が宿る!?
最高峰のスキンケアで特別な一年に

連載|アラフォー男子のリアルコスメレビュー

グルーメン読者の皆さま、こんにちは。

早いものでもう年末ですね!あっという間の一年だったと感じられている方も多いのではないでしょうか。

 

仕事やプライベートの予定に追い立てられていて忙しいという方であればこそ、毎日のシャワータイムや朝晩のスキンケアに使うアイテムにきちんと投資して、効率的なグルーミングを心掛けたいですよね。特にアラフォー世代になると、男性も急に肌の衰えを実感するという声もあり、忙しいからといってきちんと年齢に合ったケアをしていかないと、気づいた時には後悔することになるかもしれませんよ。

 

そこで本年最後となる連載第15回目では、2017年にブランド誕生30周年を迎える<ラボ シリーズ>がラグジュアリーという言葉を超越した最高峰ラインとしてリリースする、『マックス LS マクセレンス』の2アイテムをご紹介します。

 

①035

左:マックス LS マクセレンス シンギュラー クリーム50ml ¥32,000(税抜)

右:マックス LS マクセレンス デュアル コンセントレート 50ml ¥45,000(税抜)

※2017年1月3日より伊勢丹新宿店メンズ館限定先行販売、<ラボ シリーズ>公式オンラインショップでは1月10日より発売開始)

 

言わずと知れたメンズスキンケアのパイオニアであり、数々のヒットアイテムを生み出し革新をもたらしてきた<ラボ シリーズ>が、その最高のテクノロジーと地球上で極めて希少なメテオライト(隕石抽出物!)を用いて開発したという、まさに宇宙レベルの商品です。

 

どちらも従来のスキンケア製品ではなかなか目にしない“マクセレンス ブラック”と名付けられた黒いテクスチャ、そして心も身体も、肌をも解きほぐすスキンケアを目指したラグジュアリーな香りで、使ってみれば誰もがその違いに気づくといっても過言ではなさそうです。

 

②036

まずは「マックス LS マクセレンス デュアル コンセントレート 」(エイジングケア美容液)

 

③037

こちら、見た目はもちろん、手に持った感触や質感まで計算されたボトルデザインはさすが。

 

④038

その名の通り、手の甲に出すと驚きのツートンカラー! 肌本来の健やかさを保つホワイト、メテオライトを含み、肌を活性化して若々しく導くブラックの二種類を手のひらでブレンドしてから、顔全体に馴染ませるというアイテム。

 

自分も二色の美容液は初めて見ましたが、実際に洗顔後の肌に付けてみると、吸い込みが早くさらっとしていながら、しっかりとうるおう心地良い感覚には驚きました。

 

⑤052

そして次は「マックス LS マクセレンス シンギュラー クリーム 」(エイジングケアクリーム)

 

⑥042

“シリーズ史上最高のエイジングクリーム”の称号にふさわしい、ずっしりした重量感とマットブラックのパッケージが醸し出すラグジュアリーな雰囲気は最高。

 

⑦043

極めつけはこの隕石をイメージした容器の天面! まさに見たことのない別次元の高級感です。

 

⑧044

フタを開けると“マクセレンス ブラック”のクリームが。隕石を思わせるガンメタリック風なカラーが印象的です。

 

⑨047

付属のスプーンでアーモンド大を手に取り、美容液後の肌に馴染ませてみると、適度な硬さでリッチな質感のクリームがスーッと伸びていきます。顔表面に行きわたり、すぐにサラッと落ち着くのがわかります。

 

その後、自分が驚いたのは肌をマットな質感に保つカバー力の素晴らしさでした。数時間たっても肌の表面を触るとサラサラの状態がキープされていて、これまで色々なアイテムを試してきたつもりだった自分でしたが、大きな衝撃を受けました。

 

 

実は多くの大人の男性の顔は混合肌であって、テカリが気になる一方で乾燥する部分が混在、長時間マットな質感をキープしながらうるおいを保つという一見矛盾したそのニーズを解決してくれるのが、まさにこの2アイテムではないかと思います。

 

とあるビジネス書で、自己投資こそが最も効率的かつ大きなリターンが期待できると読んだことがありますが、今や身だしなみは自己管理やビジネススキルのひとつ。気になる方は是非思い切って史上最高峰のアイテムで2017年を特別な一年にしてみませんか?

 

では、また来年もお付き合いいただければ幸いです。

良いお年をお迎えくださいませ。

 

Reona-saito

齋藤 玲緒奈 (さいとう れおな)

株式会社アバハウスインターナショナル マーケティング部 部長。1978年生まれ仙台市出身。明治大学経営学部卒。新卒で入社以来、プレス・販売促進としてキャリアを積み現職に。妻はヘア&メイク、妹はモデルと家族そろっての美容好き。

▶齋藤玲緒奈の他の記事を読む