saito-reona-26

あの衝撃の泡洗顔を頭皮にも!
新感覚シャンプー体験のススメ。

GROOMEN読者の皆さま、こんにちは。

遅ればせながら本年初の連載記事を更新させていただきます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

スキンケアや美容への意識の高い皆さんのことですからヘアケアについてもきっとこだわりがあったり大人の男性としては年齢的に頭皮のことも気になったりと、これまでも沢山のアイテムを試してこられたと思いますが圧倒的に違いが分かるという商品に出会ったことがどのくらいあるでしょうか?!

 

もちろんブランドや価格帯により差はありますが、現在市販されているシャンプーやトリートメントはどれも基本的に髪と頭皮を洗って整えるという意味では、一定基準を超えたものばかりで明らかな不満を感じるということは少ないと思いますし、だからこそ逆に驚くほどの大きな違いを感じるということも、同時にあまり無いというのが正直なところかもしれません。

 

スキンケアやヘアケアは日々の積み重ねが大事ですので、飽きずにずっと続けられることが結果を出すための近道。マンネリを防ぐためには定期的に新しいアイテムを試してみるというのがオススメですが、差が分からないようでは面白くないですよね。

 

そこで今回注目していただきたいブランドが「BULK HOMME(バルクオム)」。メンズスキンケアのベーシックを追及するというコンセプトで開発された商品や洗練されたパッケージデザインでご存知の人気ブランドですが、個人的に最近一番くらいに衝撃を受けたのがそのヘアケアラインの使用感。

 

今月の連載26回は昨年12月に発売されたBULK HOMMEのヘアケアラインから3アイテムをご紹介いたします。

 

 IMG_4633

左からシャンプー200g¥3,000、トリートメント180g¥3,000、スキャルプセラム50g¥2,500(※価格はすべて税抜き)

 

バルクオムのヘアケアは「洗浄」、「補修」、「保湿」の3ステップで「頭皮美容」をコンセプトにデリケートになりがちな男性の頭皮環境を整え健康的な頭皮と髪に導くというコンセプト。

 

IMG_4636

 

まず、最初にご紹介するのが今回のメインとなるシャンプーです。

是非注目していただきたいはこの見たことのない質感!

 

IMG_4645

 

手に出してみるとゼリー状でしっかりと玉のようなかたちを維持しているのがお分かりかと思います。

 

IMG_4649

 

これを指でかき混ぜながら崩してみると濃密で粘り気のある独特のテクスチャーへと変化していきます。そして驚くべきはその使用感、、、!!!

 

画像はありませんが実際にシャンプーをしてみると、この粘り気のあるゼリーが髪の毛全体にいきわたり過去に感じたことのない泡立ちの良さと指通りの良さで頭皮が面白いようにしっかりと洗える上、いつまでも泡が無くならないので普段ならさらっと流してしまうところを生え際やこめかみなども気持ちよく長々と洗い続けてしまいました、、、。

 

そこで、あ!と思いだしたのがバルクオムの洗顔料を初めて使った時の衝撃でした。濃密な泡が立つ洗顔料でその弾力と泡持ちには驚いたものでしたが、なるほどあの感覚をシャンプーに持ち込むとは恐れ入りました。その後シャワーで流すと泡切れも良く髪の指通りもスムーズでまさに驚きの仕上がり。

 

IMG_4637

 

次はダメージを集中補修するというトリートメント。

紫外線や乾燥から頭皮と髪を守り自然な保護膜でカバーしてくれる効果が期待できるそう。

 

IMG_4653

 

こちらはジェル状ではありませんがしっかりとした固めのクリームでやはり手に出しても流れずかたちを保つテクスチャー。

 

IMG_4655

 

シャンプー後の髪と頭皮に馴染ませてみると、いわゆるリンスのようなもというよりはパックのように塗布した場所にしっかり留まり潤いを閉じ込めるようなイメージ。

 

その後洗い流してみると髪にハリと潤いを与える処方のためか、個人的には指通りやそのハリ感が少し固めの仕上がりに感じましたがボリュームを意識する方には良さそうな気がします。

 

IMG_4640

 

そして最後は頭皮用美容液であるスキャルプセラム。

頭皮のためのスキンケアということで、有効成分と潤いを浸透させて環境を整えて3ステップも仕上げに。

 

IMG_4642

 

シャワー後のタオルドライした髪を分けて、頭皮に向けてスプレー、そしてマッサージするように揉みこんでいくと、ほのかな香りに包まれるような感覚がありリラックス効果も。

 

また、あくまでも好みですが、一般的に育毛剤や頭皮ケア商品に多いメントールの刺激などとは対極的なソフトな使用感、塗布後に髪がベタつかずにスタイリングがしやすいこと、ピンポイントでつけたいところを狙えるスプレー容器など継続使用を考える上でもポイントの高いアイテムだと思いました。

 

今回ご紹介したバルクオムのヘアケア3ステップはいかがでしたでしょうか?各アイテムの使用感には個人差がつきものではありますが、自分が衝撃を受けた新感覚のシャンプー体験は、きっと試してみた方には分かっていただけるはず!毎日のことだからこそ違いの分かるアイテムを使いたいですね。

 

では、次回以降もお付き合いいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

Reona-saito

齋藤 玲緒奈 (さいとう れおな)

株式会社アバハウスインターナショナル マーケティング部 部長。1978年生まれ仙台市出身。明治大学経営学部卒。新卒で入社以来、プレス・販売促進としてキャリアを積み現職に。妻はヘア&メイク、妹はモデルと家族そろっての美容好き。

▶齋藤玲緒奈の他の記事を読む