201911_news01-1200×900

『#隠れKAI』を探せ!
「いい刃の日」は貝印商品で

11月8日の「いい刃の日」にあわせ、貝印株式会社創業111周年を記念するイベントが都内で開催された。

 

イベントには同社取締役副社長の遠藤浩彰氏と、貝印工場の社員用新制服のデザインを手がけたデザイナーの岡義英氏が登壇。特別ゲストには俳優の伊勢谷友介さんと女優・モデルの内田理央さんを迎え、トークショーが行われた。

会場には歴代の貝印商品が展示。イベント後半には、 “画伯”として定評のある内田さんが「身近な刃物」をテーマにデザインした包丁のイラストを披露。貝印スイーツ甲子園で入賞したレコールバンタン高等部の学生が、内田さんデザインの包丁をもとに作った「包丁ケーキ」が登場するなど、盛り上がりを見せた。

 

 

201911_news01_01-600x450

 

201911_news01_02-600x450

 

201911_news01_03-600x450

 

 

新制服で貝印の「誇り」を身にまとう

 

伊勢谷さんは、自身が代表を務める「リバースプロジェクト」がプロデュースした新制服を着て登場。地球環境を見つめ直し、さまざまな分野の課題解決をクリエイティブに取り組む同社は、持続可能なものづくりにこだわる貝印と親交があり、今回のコラボレーションに至ったという。

 

201911_news01_04-600x450

 

新制服の制作にあたっては「大切に長く使ってほしい」という思いから、社内でアンケートを実施。誠実に使う人の声を聴き、よいものをつくるという貝印「野鍛冶の精神」がここにも垣間見える。社員のリアルな声が集約された制服は、そのデザインはもちろん着心地にも強いこだわりがある。実際に着用した伊勢谷さんも動きやすさを絶賛した。

 

201911_news01_05-600x450

 

 

こんなところにも!暮らしに溶け込む『隠れKAI』を探せ

 

伊勢谷さんと内田さんのトークショーでは、『隠れKAI』が話題に。

 

爪切りが身だしなみの必須アイテムだという伊勢谷さんは、包丁などの調理器具や毛抜きにも「KAI」マークを発見。コンビニで何気なく買ったものが貝印商品だったこともあるようで、「(貝印商品を)結構網羅してるんじゃないですかね」と語った。

一方、「KAIビューティーアンバサダー」を務めている内田さんも、「知らないうちに貝印さんの商品を使っていることがすごく多い」と話し、おすすめアイテムを紹介するなど貝印商品への思いを熱く語った。

 

201911_news01_06-600x450

 

貝印では、昨年好評を博した「『#隠れKAI』を探せ!キャンペーン」を今年も実施。

貝印商品にあしらわれた企業ロゴ「KAI」マークを探して応募することで、貝印自慢の刃物が当たる豪華なキャンペーンだ。昨年の応募数はなんと5,462件。今年も盛り上がりが予想される。

応募方法は2パターン。まずはInstagramかTwitterの貝印公式アカウントをフォローする。次に「KAI」マーク付き商品の写真を撮り、『#隠れKAI』をつけて画像を投稿(Instagramは投稿に@kai_corporationをタグ付け)するか、キャンペーンツイートのリツイートで応募完了だ。

 

201911_news01_07-600x450

 

投稿で応募の場合は、当選すると選べる商品が5種類で合計111名に当たる。身だしなみにこだわるGROOMEN読者にうれしい、5枚刃替刃式カミソリ「KAI RAZOR axia」や業界最小レベルのスリム形状「スティックシェーバー スリム(男性用)」をはじめ、貝印の人気商品が目白押しだ。

 

201911_news01_08-600x450

1.キッチン用品セット

(左から)

・SELECT100 調理器セット
・SELECT100 キッチンはさみ
・SELECT100 T型ピーラー

 

201911_news01_09-600x450

2.包丁セット

(左から)

・関孫六 ダマスカス 三徳包丁 165mm
・関孫六 ダマスカス ペティーナイフ 150mm

 

201911_news01_10-600x450

3.ビューティーケアセット

(左から)

・aquafit
・プリティー 敏感肌用フェイスL
・bi-hada ompa

 

201911_news01_11-600x450

 4.メンズケアセット

(左から)

・KAI RAZOR axia
・スティックシェーバー スリム(男性用)

 

201911_news01_12-600x450

5.爪切りセット

(左から)

・Rツメキリ S
・関孫六 ツメキリ type102

 

 

また、シェア型で応募の場合は「貝印 超自慢の刃物」として高級包丁「旬Shun」を当選者3名にプレゼント。こちらも見逃せない。キャンペーンは12月8日(日)23:59までなので、忘れず参加したいところだ。

 

201911_news01_13-600x450

・旬Shun Classic 三徳包丁ディンプル付き 175mm
・旬Shun Classic ペティーナイフ 100mm

 

 

初代 遠藤斉治朗氏によるポケットナイフの製造から幕を開けた貝印の歴史。日本国内で初めてカミソリ替刃の製造を手掛けるなど、ヒット商品を次々と生み出してきた。創業111周年を迎えた今後も、いつも新しい貝印ブランドを目指してまい進していく。ぜひこの機会に、身の回りの『隠れKAI』を探してみてはいかがだろうか。

201911_news01_14-600x450

キャンペーンはこちらから