GB

ツヤ感もハードなセット力も
欲しい男たちのためのグリース

ここ最近、男たちのヘアトレンドは“濡れたようなツヤ感”がキーワード。これまでワックス派だった男たちも、ジェルやポマード、グリースに再び注目し始め、“ツヤ感”と同時に、“セット力”を実現するスタイリング剤が待ち望まれていた。

 

そんな中、男性化粧品メーカーでおなじみのマンダムから、まさに男たちが求めていた“ツヤ感”と“セット力”を実現させた「ギャツビー スタイリンググリース」(全2種 各100g 800円/35g 300円・税抜)が8月24日に発売となった。2タイプ展開で、塗った後にアレンジの効きやすい「クラシカルアレンジ」とハードにガッチリ固める「ルードロック」である。

 

マンダムでは、このアイテムの特徴を押し出すため独自技術である「アクアグリーステック」を採用。その特徴は3つ挙げられる。

 

①    ヘアケア成分として知られる「パンテノール」を整髪剤の新成分として配合。高いアレンジ力とツヤ感のアップに成功。

②    スタイリングのしやすさに影響するのびなじみを「アクアゼリー」状にすることで向上。

③    ベタつきを敬遠する若者を意識し、「オイルフリー」に。

 

この技術力を集結させたスタイリンググリースだからこそ、抜群のホールド力や濡れ感もあるのにのびなじみやすく落としやすいという、理想的な使用感に仕上がっている。

 

2種類の購入ポイントだが、立ち上げや横分け、クセづけを存分に楽しみたい男たちには「クラシカルアレンジ」がイメージ通りのスタイリングを叶えてくれるだろう。一方、シャープな束感でよりアクティブで男らしい雰囲気に固めたいのなら「ルードロック」がおすすめだ。

 

微香性で後残りしないため、TPOを気にせず使えるギャツビーのスタイリンググリース。是非このアイテムでトレンドの「ネオクラシカルヘア」を気軽に楽しんで欲しい。

 

 

文/湖衣