philips

男のテカリ顔にさらば!
洗顔ブラシつきシェーバー登場

喫茶店や居酒屋で、席についた途端おしぼりで顔をゴシゴシ……オヤジ臭いとは分かっていても、ついやりたくなってしまう。脂でテカった肌に悩む男たちの悲しいサガだ。

 

家電メーカーのフィリップスが10代~60代の男性に肌の悩みに関するアンケートを行ったところ、最も多かった悩みが「肌のべたつき、テカリ」。特に20代~30代の男性は、3人にひとりがテカリ肌に悩んでいることが分かった。女性と比べて皮脂の分泌量が多い男たちにとって、脂ぎった肌は季節を問わず厄介な存在なのだ。

 

男のテカリ肌の救世主! スキンケアシェーバー

 

毎朝顔を洗っているのに、気づけばテカテカしている額と鼻。これがいわゆるTゾーンというやつだ。特に皮脂分泌が盛んなその理由は、他よりも毛穴の数が多いため。テカリどころか、放っておくと黒ずみや毛穴拡大の原因となるので、毎日の洗顔は念入りに行いたい。それでも、過剰な皮脂分泌がおさまらないなら、電気シェーバーで世界シェアNo.1(※)を誇るフィリップスから発売となった「センソタッチ2D スキンケアシェーバー」を試してみてはどうだろう。もともと肌への優しさに定評があった電気シェーバー「センソタッチ2D」に、今回新たに洗顔ブラシを付属することで、テカリに悩む男の肌に最適な「スキンケアシェーバー」として生まれ変わったのだ。

 

ブラシの極細毛で脂を掻き出す!

 

この洗顔ブラシのスゴイところは、毛穴より細い直径50ミクロンの極細毛。ブラシを本体にセットすれば、その極細毛が1分間に250回転して毛穴の奥まで届き、手洗顔では取れなかった毛穴の奥の皮脂や汚れを除去してくれる。さらに、ブラシでの洗顔効果は時間が経過しても継続。顔の表面の皮脂量を手洗顔の場合と比較すると、洗顔5分後に54%、3時間後でも18%抑制されることが実証されている。1日にアブラ取り紙を何枚も何枚も……なんて悩みからは解放されそうだ。

 

朝のひと手間がテカリ肌を変える

 

つい手を抜いてしまいがちな洗顔だが、ビジネスマナーとしてシェービングは毎朝欠かさないという人も多いのではないだろうか。肌の手入れも、ヒゲを整えるのと同じく社会人には欠かせないマナー。いつものシェービングにブラシでの洗顔も習慣づけて、テカリ知らずのグルーメンを目指そう。

 

※往復式を含むすべての電気シェーバーを対象とした2012年売上金額シェア。(フィリップス調べ)

 

■関連リンク
フィリップス シェーバー・グルーミング

 

 

文/芳賀直美(OUTSIDERS Inc.)