saito-reona-30-1200x900

パナソニック とFIVEISMが提案するステルス美容とはいかに!?

GROOMEN読者の皆さま、こんにちは。

今年も長く暑かった夏が過ぎて、すっかり秋めいてきましたね!

この時期は肌に夏の疲れが出てくることに加えて紫外線がまだまだ強かったり徐々に乾燥も気になり始めたりと、スキンケアにきちんと向き合うべきタイミングなのです。でもメンズ美容の基本はあくまでも清潔感であり身だしなみ。ですから過度に気を遣っていることが周囲に伝わってしまうよりも、さりげなくキレイにというのが理想ですよね。

 

そんなこの季節にタイムリーに発表されたのが、パナソニック とFIVEISM × THREEが共同で男性の自己表現をサポートする取り組み「Smart Up Action」。自分らしさを追求し常に自己をアップデートし続ける男性をサポートすることを目的にスタートした企画で身だしなみの新習慣として「ステルス美容」を提案しています。

 

ステルス美容とは‟美しく整えていることを感じさせないステルス性の高い、身だしなみとしての美容行為”と定義されており、メンズ美容を通して「自分らしい生き方、自分らしい表現」として推進していくとのこと。どうですか??勝手に自分の美容観とも一致していると感じて激しく同意してしまいました。美容と聞くとイコール女性と結びついてしまう場合もありますが、前向きに日々を過ごすための身だしなみに男女はありませんよね?!

 

そこで今回ご紹介したいのがパナソニックのリニアシェーバー「ラムダッシュ5枚刃」とボディトリマーの最新モデル、FIVEISM × THREEのスキンケアトライアルセット。なぜなら「Smart Up Action」の第一弾としてこれらをホテル宿泊時に実際に試せる特別宿泊プランが発表されて話題になっているからなのです。宿泊プランの詳細はこちらの記事にお任せして今月の連載第30回目はアイテムを盛り沢山でお送りいたします!

 

画像左からFIVEISM × THREE スキンケアトライアルセット/フォー・メン ジェントリングフォーム(洗顔料)、フォー・メン ジェントリング ローション(化粧水)、フォー・メン ジェントリング エマルジョン(乳液)、ネイキッドタッチ モイスチャライザー(ファンデーション)、パナソニック リニアシェーバー「ラムダッシュ5枚刃」ES-LV9EX、パナソニック ボディトリマー ER-GK80

 

「FIVEISM × THREE」(ファイブイズム バイ スリー)といえばスキンケアに止まらずに男性用化粧品としてファンデーションやネイルケアアイテムまでトータルに提案をしている革新的ブランド。まずはフォー・メン ジェントリングフォーム(洗顔料)からご紹介いたします。

 

洗顔料は気持ち軽めのテクスチャーで泡立てるとソフトできめ細かな泡が立ちしっかりと汚れが落とせる感覚があり洗い上りもスッキリ。洗顔後には肌がサラッと整うのでシェーバーの滑りも良くてラムダッシュとの相性も良さそうです。

 

次はフォー・メン ジェントリング ローション(化粧水)。

 

ウォータリーでクセが無く洗顔後の肌にパシャパシャとたっぷり使える化粧水はシンプルで軽い使用感。男性はさっぱりした仕上がりを好む方が多いことや次のステップで乳液を使用する前提としてもいい感じです。

 

次はフォー・メン ジェントリング エマルジョン(乳液)。

 

こちらもライトな質感で肌の上で伸びも良く少量でも顔から首筋かけてしっかりとカバーできるのがいいですね。仕上がりもさっぱりしておりスキンケアシリーズ全体としての軽やかですっきりした使用感のコンセプトが伝わってきました。

 

そしてご注目いただきたいのが最後の仕上げにネイキッドタッチ モイスチャライザー。こちらはいわゆるファンデーションです。

 

女性にはお馴染みのファンデーションですがこの段階で肌に塗るとどうなってしまうのか少し不安な方もいらっしゃるかもしれませんが心配ご無用です。

 

肌の上に伸ばしていくと徐々に元の皮膚の色と同化しながら表面全体をカバーしてくれる感覚に。

 

スキンケアから一歩踏み込んだファンデーションの役割は肌質を整えること。うっすらと色味が付くことで顔色が明るくなり健康的で均質な肌質を演出することが出来るのです。驚くほど自然でいかにも色を塗っているという印象は全くありませんし加齢による肌のくすみや疲れなどをカバーするためにも積極的に取り入れてもいいかもしれませんよ。

 

次はパナソニック リニアシェーバー「ラムダッシュ5枚刃」ES-LV9EX。個人的には同シリーズは自分の髭剃り観を変えたアイテムであり常に注目をしています。

 

今回は細かな機能説明を省きますが肌との接地面が大きくとられた設計で力を入れずに髭が剃れるため肌を傷めづらくそれでいてしっかりと深剃りが出来るのがポイント。また、ヘッド部分の可動域が広くアゴ下の局面にもフィットする感覚は他社製品と比較しても圧倒的に優れているように感じます。ウェットシェービング派の方にも是非一度騙されたと思って試していただきたいですね!

 

そして最後はパナソニック ボディトリマー ER-GK80。ちょっとした気になるムダ毛はカミソリなどで適当に処理してしまっているという方も多いと思いますが、肌を傷つけてしまったり、ツルツルになり過ぎて不自然な仕上がりになってしまったりと意外と思い通りにとはいかないもの。そんな時に是非検討したいのがこうした専用アイテム。デザインも男性用らしくクールなデザインがカッコよくてつい欲しくなってしまいますよね。

 

こちらは着脱可能なアタッチメントが付いてデリケートゾーンや目の届きづらいポイントなどに使用する際にも安心です。

 

こんなアイテムがあればスキンケア同様にムダ毛の処理も身だしなみの範囲としてスマートに毎日のルーティンに取り入れられそうですね。

 

今回は盛り沢山のアイテムを駆け足でご紹介させていただきましたが気になるものはございましたでしょうか?パナソニック とFIVEISM × THREEが共同で男性の自己表現をサポートする取り組み「Smart Up Action」の第二弾など今後の展開はもちろん、個人的にはステルス美容の概念に対応した新製品なども楽しみです!

 

では、次回以降もお付き合いいただけましたら幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

Reona-saito

齋藤 玲緒奈 (さいとう れおな)

株式会社アバハウスインターナショナル マーケティング部 部長。1978年生まれ仙台市出身。明治大学経営学部卒。新卒で入社以来、プレス・販売促進としてキャリアを積み現職に。妻はヘア&メイク、妹はモデルと家族そろっての美容好き。

▶齋藤玲緒奈の他の記事を読む