TOP

男がエステなんて、と侮るなかれ
溜まりまくった顔の老廃物が…!

女性の間では広く普及しているフェイシャルサロンだが、男にとってはその効果の程がいまひとつイメージできない人も多いのではないだろうか。実は、筆者もそのうちのひとりで、「男がエステなんて」と内心思っていた。今回、体験をするまでは。

 

メンズコスメブランド「BULK HOMME(バルク オム)」が、男性向けのフェイシャル専門サロン「SALON by BULK HOMME(サロン バイ バルク オム)」を、東京・青山にオープン。そこで、オープンして間もない同店にお邪魔して、体験取材を敢行した。

 

今回、体験したのは、初回コースのダイジェスト版だ。施術を担当してくれたスタッフによれば、このサロンが重点を置いていることのひとつが、“お客様が持っている本来の肌の美しさに戻す”ことだとか。肌のことを第一に考えたシンプルかつ丁寧な肌ケアで肌を本来の状態にリセットしていくことが、このサロンの施術のイメージ、ということで、施術前に肌の状態を確認しながらの入念なカウンセリングが行われた。このプロセスによってその人の肌の状態に最適な施術内容を吟味してくれるというわけだ。

 

最初の施術は、肌にたまった皮脂汚れを落とすディープクレンジング。まず、スチームを顔にあてて毛穴を開き、男性にとりわけ多い皮脂や角栓をしっかり落としていく。そして、次の施術となる超音波洗浄では、1秒間に約100万回の振動を肌に当てることで、毛穴の奥に詰まった汚れを浮かせて、それらもすべて満遍なく落としていく。男性の場合、ヒゲや眉毛といった場所にも汚れが溜まりやすい傾向があるため、時間をかけて洗浄を施してくれる。

 

この段階で肌を触ってみると、自分のものとは思えないほどツルツルの手触りになっていることに驚く。鼻の毛穴にたまっていた皮脂汚れがすっかりなくなっている証拠だ。

 

この後、リフトアップトリートメントで顔の血行促進とリフトアップを行い、保湿パックで水分を肌にしっかり浸透させ、乳液で水分と有効成分を閉じ込めながら肌を整えるプロセスで施術を完了した。

 

通常は、ポレーションという肌の深部まで有効成分を導入していく機械を使用する工程に加え、肌の状態に応じた各種パック、ヘッドスパメニューの頭皮の揉みほぐしやシャンプーなども行うそうだ。

 

すべてが完了した状態で鏡を見ると、肌が瑞々しく潤っていることと同時に、肌のトーンが明るくなっていることに気付く。男の場合、日々のヒゲ剃りで肌にダメージを与えやすく、紫外線対策を行っていないケースが多いため、自分が思っている以上に肌が傷んでくすんでしまっていることが多いらしいのだが、施術を受けた後の肌を見ると、その言葉にも実感が沸いてくる。まず、汚れをしっかり落としてから、水分を与えて、油分で有効成分に蓋をする。このシンプル極まりない施術を丹念に行えば、男の肌だって劇的に変化するのだ。

 

ちなみに、「SALON by BULK HOMME」の店舗は、骨董通りに面した完全予約制のプライベートサロンで、施術はすべて個室で行われるため、人目を気にすることなく施術を受けられるようになっている。そんな居心地のいい空間で自分の肌がリセットさせる心地良さを体感してみると、こうしたフェイシャルケアを新しい生活習慣として取り入れることも、現代の男達にとって極めて自然なことのように思えてきた。

 

SALON by BULK HOMME
東京都港区南青山 6-7-2 テラアシオス南青山 1F
TEL.03-5466-2532
営業時間12:00~20:00(日曜、月曜、祝日を除く)
室数:3室(完全個室)

ベッド数:4台
Entrance Menu(80分¥30,000 ※カウンセリング・お支度等で施術時間以外に40分程度かかります)

room