dprogram

花粉や紫外線量が気になる春に!
“ときどき敏感肌”用美容液

男だってスキンケアが当たり前になった昨今。空気が乾燥する冬は肌がカサつき、春を待ち遠しく思っている人は多いかもしれない。だが実際は、明るいイメージとはうらはらに、肌にとっては春先も要注意の季節。夏から秋、冬から春など、季節の変わり目は肌が不安定になりがちで、そういう肌状態を“ゆらぎ肌”と呼ぶが、特に顕著なのが春先だ。女性はもとより、男たちのあいだでもゆらぎ肌は急増している。

 

急に吹き出物ができたり、乾燥したり、ヒリヒリしたり…、肌が“ときどき敏感”に傾く。だから“ゆらぎ肌”。その原因は、急激な気温の変化に加え、花粉の飛散やほこり、環境の変化なども挙げられることから、まさに春先が深刻なのだ。

 

春先は、寒暖差やさまざまな外的要因で肌が不安定になりがち

 

寒い日と暖かい日が交互に訪れる春先は、冬の間に鈍っていた新陳代謝が一気に活発化。肌表面は乾燥しているのに、気温の上昇と共に皮脂分泌が高まるため、肌バランスは崩れがちになる。加えて、急激に増えはじめる紫外線量。冬を過ごした肌はバリア機能も低下しており、花粉やほこり、大気汚染などの刺激もダイレクトに受けやすい状態だ。さらには環境の変化も大きな要因で、肌は本来、様々な外的刺激に対し、みずからを守ろうとする力を持っているはずなのだが、ストレスによっても、そのパワーがおぼつかなくなるから悩ましい。

 

そこで大事になるのが日々のスキンケアである。乾燥が気になる程度なら冬同様に保湿をしっかり行うだけでもだいぶ違うはずだが、肌荒れやかゆみなど、より肌のゆらぎを感じたなら、ぜひ敏感肌用のケアアイテムを取り入れたい。そこで注目したいのが、資生堂の敏感肌用スキンケアブランド「d プログラム」の新アイテムだ。

 

空気中の気になる微粒子や紫外線ダメージから肌を守ってケア

 

「d プログラム」は、敏感にゆらぎ、肌荒れを繰り返す肌を“ときどき敏感肌”と表現。環境の変化や生活リズム、ストレスなどによって“ときどき敏感肌”になりやすい肌を守ってケアするアイテムは、年齢を問わず幅広い層から人気を集めている。そんな期待のブランドに、また頼もしいアイテムが仲間入りする。空気中の気になる微粒子や紫外線ダメージから肌を守る日中用美容液「d プログラム アレルバリア エッセンス」の登場である。

 

資生堂によれば、ときどき敏感肌をとりまく外的要因として、花粉や大気汚染、紫外線ダメージなど、肌荒れを引き起こしやすい環境に着目。実際に、ときどき敏感肌の人を対象に意識調査をしたところ、健康な肌の人に比べ、外気への不安意識を持っていることが明らかになったという。そこで開発されたのが「d プログラム アレルバリア エッセンス」で、ブランド共通の「守る×育む」の設計を強化。“守る”の新対応として、肌保護の新技術“アレルバリアテクノロジー”を搭載しているのが特長だ。

 

使い方は簡単。朝のスキンケアの最後に1円硬貨大を手に取り、鼻や頬などの高い部分を中心に、顔全体に塗布するだけ。化粧をしない男たちは、更に1円硬貨大を目安に2度塗りするのがおすすめだ。

 

肌に均一な膜を作ることで、空気中の微粒子が肌に付着することを防ぎ、またSPF40・PA+++で紫外線ダメージからもしっかりと肌を守ってくれる。もちろん、ブランド共通の低刺激設計。紫外線吸収剤も使っていないので子どもの肌にも安心して使用できる。

 

そろそろ花粉の飛散が気になるころ。目薬やマスクに加え、肌の予防もお早めに!

 

main

dプログラム アレルバリア エッセンス

SPF40・PA+++

40ml 3,000円(税抜)/資生堂

 

敏感肌向けの日中用保護美容液。空気中の微粒子や目に見えない物質、紫外線ダメージから肌を守ってケアしてくれる、低刺激設計、ノンケミカル処方。

 

文/染谷晴美