KIEHL'S01

ものぐさ系男子必携の新製品で
ボディケアの効率化に挑戦!

グルーメンへの道|肥満・剛毛・不潔な40代からの脱却

今回試してみるのは“フェイシャルフュール”シリーズなどでおなじみのキールズ「ボディフュール ヘア&ボディウォッシュ フォーメン」という新製品。なんでもこれ1本で、頭のてっぺんからつま先まで洗えるということらしいが、果たしてその使い心地は…? まずはこの製品の特長を見てみると、シリコンフリー、硫酸塩フリー、パラベンフリーであることのほか、以下の成分が配合されている。

 

・カフェイン(整肌成分)

・ビタミンC(抗酸化剤)

・メントール(整肌成分)

・亜鉛(洗浄成分)

・セラミド(保湿成分)

 

まず気になる頭から、早速試してみることに。普段のシャンプーを使うのと同じように、髪をしっかりと濡らした状態で500円玉くらいの量を手に取り、ゴシゴシと洗ってみる。泡の量もいつもと変わりなく、泡立ちはいつもよりもキメ細やかに感じられた。予想外だったのは、洗い流した後の髪の触り心地。ノンシリコンシャンプーというと、洗髪後ゴワゴワと指どおりが悪くなくイメージがあるが、その印象は全く感じられなかった。さらにタオルドライ後、もう1度髪の感じを確かめてみると、しっとりと潤いがあるように感じられた。男の短髪であれば、シャンプー後のトリートメントなどは必要なさそうだ。

 

ボディウォッシュでの使用感は、成分から予想される想像どおり、肌に優しいというのが1番の印象。洗っている最中は通常のそれと大差はなく、ボディソープで洗った後の肌のツッパリ感はまるでなかった。むしろ髪の時と同様で、肌に潤いが感じられるのを実感。入浴後もしばらくこの状態が続いており、保湿効果が持続しているのが実感できた。

 

今回、約1週間使用してみたが、顔以外はこの製品ですべて洗ってみた結果の感想としては、やはり肌のコンディションが良い状態を維持できるな、ということ。もちろんこの製品だけでなくボディクリームなどを使用することで、さらにその効果がアップするだろうが、ものぐさ系の男子には、これ一本で十分なヘアケア&スキンケアになるのではと感じられた。考えてみれば、頭皮だって全身の肌の一部。キールズ「ボディフュール ヘア&ボディウォッシュ フォーメン」で、頭皮も良いコンディションになっていることは、どうやら間違いなさそうである。

 

<今回体験した製品>

 KIEHL'S02

キールズ ボディフュール ヘア&ボディウォッシュ フォーメン

250ml 2,500円/キールズ ※7月31日発売予定

 

 

中村 慶(なかむら・けい)
フリーライター・編集。1972年生まれ。“肥満・剛毛・不潔”な現状からの脱却を図り、“ステキな40代男”を目指すべく奮闘中。

▶中村慶の他の記事を読む