1200x900

ヒゲ剃りは泡が命!
泡質、泡もち、密着度を徹底検証

気になるコスメを編集部が検証|GROOMEN LABO

気になるメンズコスメを編集部独自で実験・検証する「グルーメン・ラボ」。今回のテーマは「シェービングフォーム」。カミソリ負けなどのヒゲトラブルを回避するためにも、T字カミソリの滑りを良くして肌を守ってくれるシェービングフォームは、こだわりをもって選びたい。そこで今回は、人気のシェービングフォームをピックアップ。早速、泡の感触や密着感、洗い流した後の肌感を検証していこう!

 

【検証したのはこの5本のシェービングフォーム】

shaving_foam_LIST

▶▶▶アイテムを見る

 

【検証①】中身はどんな感じ?

シェービング剤には、ジェルやクリーム、オイルなどいくつかのバリエーションがあるなか、今回取り上げたのはフォーム(泡)タイプ。一般的に、肌を守りながら、ヒゲを柔らかくして剃りやすい状態に導くフォームタイプは、使う人を選ばない。プシュッと押すだけの簡単さも高ポイントである。では実際に、どんな泡が出るのか。ひと口に“泡”といっても、その質感は様々だ。

shaving_foam_awa

▶▶▶検証結果を見る

 

【検証②】密着感をチェック!

泡の質感は好みがあるが、スムーズなシェービングを叶えたいという想いは誰もが共通だ。といっても、ヒゲの濃さや量は人ぞれぞれであり、剃り心地についてはシェーバーも関係してくるため、ここでは密着感を検証する。手の甲に塗った状態で見てみよう。

shaving_foam_awa_02

▶▶▶検証結果を見る

 

【検証③】泡持ちはどうか? 洗い流した後の肌も確認

泡はいずれ消えるものだが、肌を守りながら、より深くヒゲを剃るために必要なシェービング剤としての泡は、そう簡単にしぼんでは困る。そこで重視したいのが持続性。泡の持ちが良ければ、つけ足す必要がないため、時間短縮はもちろん、経済的に◎。というわけで、検証②の後、3分置いた状態がこちら!

shaving_foam_awa_02

▶▶▶検証結果を見る

 

【総合評価】編集部が使って、総合的に評価してみた

hoshi

▶▶▶総合評価を見る

 

 

Page:
1
2
3
4
5
6