kamiya

“理容と美容の中間”で作り出す
さりげないトレンドスタイル

特集|お洒落バーバーが提案! 秋のメンズヘアカタログ 2015

■髪や

 

バーバー色を抑え、できるだけ“床屋感”を出さない店作りを目指してきたという「髪や」。リラクゼーション要素や女性のトレンドも積極的に取り入れ、枠にとらわれないスタイルを提案する、この店のイメージは「理容室と美容室の中間」だ。流行のツーブロックや刈り上げは、さりげなく取り入れるのが髪や流。スタイリング剤を変えたり、分け目を変えたりするだけで雰囲気が変わる、スタイリングにバリエーションを持たせたスタイルも特徴だ。

 

【ビジネスヘア】

メリハリで作る、ソフト“リーゼント”スタイル

cut11-21  cut11-42cut11-32 cut11-52

 

「“遊び心”を取り入れたビジネスをされている方」がイメージという、スタイリストの柴崎さん。「カジュアルな洋服でもスーツでも似合う」と自信を持つスタイルだ。その最大の“遊び心”は、長めに残したトップにロット2回転半の強めにあてたパーマ。サイドは4ミリに刈り上げたツーブロックになってるので、トップのボリュームはより強調されている。強めのパーマなので、スタイリングはラク。ウェット系のワックスをつけ、手ぐしでどちらかの方向に流すだけで完成。ちょっとした「リーゼント風」になっているのが、男らしさを強調している。ハードに決めたい時は、トップをグリースやジェルで仕上げてもOKのスタイルだ。

 

モデル/船坂拓冬さん

スタイリスト/柴崎祐太さん

 

 

【カジュアルヘア】

顔まわりを落ち着かせた、秋のレッドブラウン

 

cut11-84cut11-98cut11-88cut11-105

 

「女性っぽい顔立ちの男性が増えている昨今、モデルさんの中性的な感じを生かして、若手俳優のようなイメージで仕上げました」とスタイリストの菅野さん。カットは敢えて重めのグラデーションに。“今っぽさ”を取り入れるべく、カラーは女性の秋髪スタイルでも注目されている「レッドブラウン」を取り入れた。全体は11トーンのハイトーンがベースで、顔まわりのみロートーンを入れ落ち着かせている。こうした「落ち着き」をプラスすることで、若すぎないイメージに仕上がるという。スタイリング剤はパサついて見えさせないように、水分多めのワックスをつけるのみ。「刈り上げないで、トレンドを意識したい」というに人に挑戦して欲しい。

 

モデル/田野入 渉さん

スタイリスト/菅野栄一さん

 

髪や 恵比寿店

東京都渋谷区恵比寿南2-1-11 AMビル1F

TEL:03-3715-1438

営業時間:月~金11:00~21:00/土・日・祝10:00~20:00(LO. 19:00)

定休日なし ※年末年始、お盆、2ヵ月ごとの研修休みあり

メニュー:カット&シェービング3,450円(新規の場合3,240円)、カラー3,200円~(すべて税込)

 

 

撮影/イシワタ タツル

取材・文/山西裕美