clinique

肌老化を加速する紫外線ダメージ
男の肌をしっかり守るUV乳液登場

日差しが心地いい季節になってきたが、グルーメン諸君は「日焼け止め」を使用しているだろうか? 「日焼け」というと真夏の強い日光を想像しがちだが、実は、肌にダメージを与える「紫外線(UV)」は、この時期の柔らかな光にも大量に含まれている。さらにこの紫外線、浴び続けると肌老化の原因に……。今や男たちにとって、レジャーやスポーツだけでなく、日常のUVケアはマスト。気づいたらシミやシワだらけ、なんてことにならないよう、今すぐUVケアを始めよう!

 

男の肌老化を加速させる紫外線の恐ろしさとは?

 

本来、男の肌は女性に比べ皮脂分泌が活発で、皮膚が厚く、ハリや弾力をつかさどるコラーゲン、エラスチンの量が多いとされるが、ひとたび老化がはじまると一気に進行する傾向があるという。その原因のひとつは、男たちが日頃のスキンケアやUV対策を怠っていることにある。紫外線による肌ダメージは、ある日突然、シミやシワ、ハリ不足によるたるみなどの老化サインに気づいてがく然!という事態を起こしかねないのだ。

 

ノンケミカル処方で、ウルトラライトなつけ心地

 

そんな男たちに向け、“男のエイジングケアは、すぐれた紫外線防御からはじまる”と提案しているのがクリニーク フォー メン。新発売の「UV ディフェンス 50」は、光老化の進行が早いといわれる男の肌を、紫外線ダメージからしっかり守る日焼け止め乳液。地上に届く紫外線はその波長の長さによって「A波=UVA」「B波=UVB」に分けられるが、「UVディフェンス 50」はそのどちらにも最高レベルの防止効果(SPF50・PA++++)で対応。皮膚を保護する医療用パッチをヒントに開発した独自技術“インビジビル スクリーン”により、肌老化を誘引するUVAと炎症を起こすUVBから肌を守り、シミ・ソバカスを予防する。

 

<UVA(生活紫外線)>

波長が長いため、雲や窓ガラスも透過し、肌の奥深くまで到達。シミ、しわ、たるみなど肌老化の原因に。防止効果を表す指数はPA。

 

<UVB(レジャー紫外線)>

肌への作用が強く、肌が赤くなる炎症反応(サンバーン)や日焼け後の色素沈着(サンタン)を引き起こす。防止効果を表す指数はSPF。

 

無理なく習慣化するには使用感も大事なポイントとなるが、その点も抜かりがない。肌に負担の少ない紫外線散乱剤のみを使用したノンケミカル処方で、おどろくほど軽いつけ心地。ベタつかず、あと肌はさらりとして、実に快適だ。もちろん白浮きもなし。どんな肌色に溶け込むナチュラルな仕上がりを実現する。

 

ランニング、ゴルフ、キャンプ…屋外のアクティビティが気持ちいいこれからの季節、抜かりないUVケアで、健康的な肌を維持したい。

 

mens_UV_defense_JP

 

UV ディフェンス 50(SPF50・PA++++)

30ml 5,200円(税抜)/クリニーク フォー メン

 

文/染谷晴美