IMG_5832

ベタつかない、ツヤツヤしない
男のリップケアアイテムを調査

連載|ISETAN MEN’S SELECT COSME

毎月のグルーメンが『伊勢丹新宿店メンズ館』でコスメショッピングをする「ISETAN MEN’S SELECT COSME」。今月は、「リップケア」をテーマにお届け。

 

唇のカサつきが気になったら、すぐに購入すべし!

 

そろそろ肌がカサつく季節。スキンケア、ボディケアでの保湿は当然のことながら、意外に盲点なのが「リップケア」。夏の紫外線ダメージによる乾燥にプラスして、秋の冷たい風にさらされ、どんどんカサカサになっていく唇。そうなる前に、この冬のリップクリームを手に入れるべし。

 

■今月のグルーメン

澤野吉徳さん(24歳・会社員)

sawano

【澤野さんのリクエスト】

「ベタつかないもの」

「仕上がりがツヤっとしないもの」

「パッケージがお洒落なもの」

 

■アテンドしてくれたのは

スタイリスト 竹腰利沙さん

IMG_3404

 

澤野(以下、澤) 男性向けのリップクリームには、どのようなものがありますか?

 

竹腰(以下、竹) メンズブランドのリップクリームですと、ラボ シリーズやキールズをご紹介しています。“男性向け”にこだわらなければ、ユニセックスでお使いいただける商品も数多くありますよ。

 

澤 男性向けと何が違うのですか?

 

IMG_3350

 

竹 例えば、ラボ シリーズの「プロ LS リップ バーム」は、マットな質感が男性に好評です。いかにも“塗ってます”というようなツヤが苦手な方におすすめですね。

 

澤 確かに、あまりツヤツヤしているのは男らしくない気がしますね。

 

竹 どうぞ試してみて下さい。

 

IMG_3363

 

澤 スーッとします。塗ってる感じも全然しないですね。

 

竹 そうですね。ツヤのないタイプですとイソップの「リップクリーム 40」も、クリームタイプなのでベタつきも少なく唇になじみやすいですよ。

 

IMG_3338

 

澤 これ、リップクリームなんですか? デザインもお洒落ですね。

 

竹 ローズヒップやイランイランなどの植物由来成分を使用したクリームなので、保湿力も高いですし、香りもおすすめです。

 

澤 ほんとだ。ほんのり香りがします。癒し系ですね。

 

IMG_3387

 

竹 はい。形もめずらしいのでギフトとしても人気です。

 

澤 イソップのようなチューブタイプのリップクリームは他にもありますか?

 

竹 チューブタイプですと、「キールズ リップ バーム No.1」はいかがですか?

 

澤 しっかり膜を作って保湿されている感じがしますね。その分、ちょっとベタつく感じもします。

 

IMG_3357

 

竹 バームなので、保湿力重視の方に特におすすめです。女性にも人気のアイテムになります。ツヤのないタイプで保湿力も欲しいとなると、イソップでしょうか。

 

澤 そうですね。香りものびも良かったです。指で塗るのは面倒かなとも思いましたが、サラッとしていたので指を拭く必要もなかったですし。イソップにします。

 

竹 ありがとうございます。

【今月のお買い上げ】
リップクリーム 40
6ml 1,500円(税抜)/イソップ
唇を保湿するための、軽いつけ心地のリップクリーム。吸収性に優れたリッチなクリームで、べたつきにくく唇を保湿。


<試してみました>
「一般的なリップクリームよりもさらっとしていて、“唇用の保湿クリーム”という感覚で使用できました。香りが特徴的なので、好きな人はハマると思います。塗ってすぐにドリンクを飲んでもベタつきが気にならないのは、とても良かったです」(澤田)

<イソップ>リップクリーム 40を購入する

※伊勢丹オンラインストアに移動します
【その他、惹かれたアイテム】
キールズ リップ バーム No.1
14g 900円(税抜)/キールズ
乾燥しやすい唇を守り、しっとり仕上げるリップバーム。のびの良いテクスチャーで、健やかな唇に導く。無香料。

<キールズ>キールズ リップ バーム No.1を購入する

※伊勢丹オンラインストアに移動します
プロ LS リップ バーム
4.3g 2,000円(税抜)/ラボ シリーズ
乾燥してかさついた唇をソフトでなめらかにしてくれるリップクリーム。ナチュラルでマットな質感。メントール配合、ミントフレーバー。

<ラボ シリーズ>プロ LS リップ バームを購入する

※伊勢丹オンラインストアに移動します

 

伊勢丹新宿店営業時間 10時30分~20時
お問い合わせ 伊勢丹新宿店 03-3352-1111(大代表)

 

 

撮影/高田みづほ
取材・文/GROOMEN編集部