MR.BROTHERS CUT-CLUB

こだわりのシルエットや角度で
お洒落ヘアに男くささをプラス

特集|お洒落バーバーが提案! 秋のメンズヘアカタログ 2015

■MR.BROTHERS CUT CLUB

 

「日本の男を美容から“理容”に」を理念に、「日本の男をカッコよくしたい」のスローガンを掲げる、MR.BROTHERS CUT CLUB。オープン半年になるこのジャパニーズ・カルチャー発信の地・原宿に位置するこの店は、どこからともなく“男くさい”お客さんが集まる「男の集いの場」となっている。流行のスタイルに加えるのは、ずばり“男くささ”。それは各スタイルにラインや角度で表現され、唯一無二の存在感を生んでいる。

 

【カジュアルヘア】

角を残した“男くささ”MIXカジュアル

 

cut4-17  cut4-28cut4-36 cut4-43

 

「男くささ」を大事にしたスタイルを提案している、MR.BROTHERS CUT CLUB。「“カジュアル”とは言っても、スポーティなイメージにはしたくない」とこだわりを見せる、スタイリストの西森さん。その「男くささ」は、「角を残したシルエット」で表現。ハチまわりまでを刈り上げ、長さを残したトップに自然につなげながらもそのシルエットが“丸”ではなく、“ダイヤ型”に見えるように調整。逆にハードになりすぎないように、刈り上げ部分は下から上へグラデーションに、トップの長い部分はすきばさみでの“すくい”がりで、柔らかさな印象に仕上げている。ジェルをつけて乾かして、時計まわりに手を回してセッティング、ワイルドに仕上げるのが掟!

 

モデル/小林桂一さん

スタイリスト/西森友弥さん

 

【ビジネスヘア】

“5mm分け目”で清涼感&清潔感が倍増

 

cut4-57 cut4-77cut4-68  cut4-86

 

カチッと仕上げた、クラシカルな7:3スタイルがベース。流行のスタイルでありながら、一筋縄でいかないスタイルに仕上げるのがMR.BROTHERS CUT CLUBの流儀。その最大の特徴は、“5mm”という分け目の幅。その存在感はもちろん、「スタイリングもラク」とスタイリストの西森さん。「分け目をつけなくても、きちんと分かれるので、あとはポマードをつけてくしでとかすだけ」とのこと。ツーブロックの刈り上げ部分は、バリカンでできるだけ薄く、トップは長さを残して、低めの位置からグラデーションにしてつなげる。そのあふれる出る清潔感から「サービス業の男性におすすめしたい」と西森さんは断言。

 

モデル/高野内裕真さん

スタイリスト/西森友弥さん

 

MR.BROTHERS CUT CLUB

東京都渋谷区神宮前2-31-8

TEL:03-6721-1774

OPEN:11:00~22:00 不定休

メニュー:カット6,000円~、カラー7,000円、パーマ7,000円~

 

 

撮影/イシワタ タツル

取材・文/山西裕美