shiseido-men

そのどんより顔、老化の証です
今すぐスキンケアの見直しを!

ふと鏡に映った自分の顔を見て、「なんだか疲れてるな……」と思ったグルーメン諸君。そのどんより顔は、ズバリ「肌老化」です! 働き盛りな男たちは、夜も遅く不規則な生活になりがち。シワ、クマ、ニキビなど、肌も荒れるし老化も進む。もし、営業先で久しぶりに顔を合わせたクライアントから「最近、忙しそうだね」などと言われるようなら、今すぐスキンケアを見直すべきだ。

 

男の顔は女性の2倍テカテカしていた

 

男の肌老化の原因は大きくふたつあり、そのひとつが過剰皮脂。諸君も「なんとなく女性よりも顔がテカテカしやすい気がする」くらいの自覚はあると思うが、このテカテカの原因は“皮脂”。皮脂とは、皮膚表面に存在する脂質のことで、皮膚の保護作用や必要な水分の蒸散を防ぐ働きを持っているのだが、分泌量が過剰になると、逆に肌トラブルの原因となってしまう。

 

例えば、皮脂の多い肌は、ベタつきやテカリの原因となるだけでなく、汚れが付着しやすいため、ニキビなどのトラブルを招きやすいし、もちろん不潔だ。また、皮脂は紫外線を浴びることで肌老化の原因となる過酸化物質を発生させる。この過酸化物質が更なる過酸化反応を招き、ドミノ倒しのように肌老化を連鎖的に進行してしまうのだ。

 

皮脂量

 

※男の皮脂は、男性ホルモンの影響によって思春期の頃から分泌が盛んになる。その量は、女性の約2倍。女性は20代をピークに皮脂分泌が少なくなるが、男は60歳になってもほとんど減らない。

 

テカテカ顔の原因はカサカサ肌?

 

男の肌老化の原因ふたつめは、水分不足。実は、男の肌は、皮脂量が多いことに加え、水分が少ないという特徴がある。「ベタついているのに水分不足」というのは意外かもしれないが、先ほど伝えたように、皮脂は肌に必要な水分の蒸散を防ぐ働きを持っているため、少ない水分を蒸発させないように、どんどん分泌してしまうのだ。つまり、「ただでさえベタつくのだから化粧水なんて必要ない」と思っていたら大間違い。洗顔後に放置された肌はますますテカリを増してしまうというわけ。

 

水分蒸散量

 

では“過剰皮脂”と“水分不足”どちらも防ぐためには、どのような対策が必要だろうか。答えは、「落として与える」こと。つまり、洗顔で過剰な皮脂を落とした後に、化粧水とクリームのお手入れをすることがポイントとなる。

 

ここで、化粧水、クリームの役割について触れておきたい。

 

・化粧水:肌の水分を補う。水分のため、すぐに揮発してしまうものも。
・クリーム:化粧水の揮発を防ぎ、潤いを逃しにくい。

※ベタつきが気になるという人は、クリームの代わりにさっぱりした使用感の「乳液」を使用するのもOKだ。乳液には、クリーム同様、化粧水の揮発を防ぐ働きがある。

 

さて、肌の不純物を一掃しきちんと肌に栄養を与えてあげることで、肌のバリアがきちんと機能し、結果的に老化を防げるということをお分かりいただけただろうか。「顔は男の履歴書」という言葉があるように、ビジネスマンにとってコミュニケーションとは、なにも言葉のやりとりだけではない。スキンケアは、自分の顔に自信を持つための自己投資なのだ。

 

【編集部オススメの3ステップアイテム】

 

①シセイドウ メン クレンジングフォーム<洗顔フォーム>

130g 2,000円(税別)

01

②シセイドウ メン ハイドレーティングローション<化粧水>

150ml 3,000円(税別)

02

 

③シセイドウ メン トータルリバイタライザー<顔用クリーム>

50g 7,000円(税別)

03

 

■参考リンク

資生堂 男性のための化粧品特集

 

 

資料提供/資生堂 取材・文/GROOMEN編集部