Man worried about gray hair while looking into a mirror.

初期白髪は男をくたびれた印象に
ホームアイテムで即カバーすべし!

男の白髪問題。あなたはどう対処しているだろうか。女性ほど気にはならないとはいえ、他人から「後ろ髪に白髪が飛び出ているよ」なんて言われると、正直いい気分はしないものだ。

 

男の場合、ある程度がっつりと白髪が生えてくれば、「それはそれでダンディかも♡」と異性には案外ウケたりする。が、生え出した頃の初期白髪は注意が必要だ。真っ黒い髪の中に“ビョ~ン!”と飛び出す白髪……この場合は正直いただけない。男性の場合は短髪だから白髪だけが頭皮から立ちやすく、しかも白髪の場合は縮れ毛になることもあるから(これを女子はアホ毛と呼び、忌み嫌う)清潔感がかなり損なわれる。

 

そう!たった数本。この数本の白髪が男をくたびれた印象にし、”冴えないおじさんフェイス”を演出してしまうのだから厄介だ。

 

 

気になるときにササッと白髪をカバーできるアイテム、発見!

 

そこで今回おすすめしたいアイテムが2品。ひとつめは「ルシード 白髪用整髪ジェル」

スタイリング剤にブルー色素を配合しているので、白髪の黄ばみを抑え、白髪を目立たなくする人気アイテムだ。

 

使い方は通常のスタイリング剤をなじませる感覚でOK。黒髪の上に塗布しても全く問題ないので、ヘアのセットと白髪のカバーが一度にできちゃう優れものだ。

 

1_24132_11W024132T

 

 

もうひとつは「スロウ ヘアカラーコンシーラー」。名前の通り、ヘアカラーをして数週間後から気になり出す白髪をカバーする、髪用のコンシーラーだ。

 

男性の場合、特に会社員だとヘアカラーはしない人が多いが、このコンシーラーは素髪から飛び出す、例の“アホ毛白髪”にだって対応。ファンデーションみたいにコンパクトに入っていて、気になる部分にスポンジで軽くなじませるだけの簡単さもおすすめの理由だ。

 

06e76cd576ffd78c035741a03012032f

 

 

チラホラ白髪こそ、抜くべきでない理由がある

 

「数十本程度見える白髪なんて、抜けばいいじゃん」って人もいるが、いやいや、これかなり危険な行為。髪を抜くと毛根ダメージが加速し、ハゲになるスピードを助長してしまうといわれている。しかも、1本だけ抜いたつもりでも、周辺の毛根が弱まり、知らず知らず黒髪までスルスルと抜け落ちる現象が。白髪が増えるスピードは意外と速い。抜く行為を繰り返していると、気がついたら「俺、薄くなったかも??」なんて恐怖が訪れるかもしれないのだ。

 

くたびれた印象を作ってしまう初期白髪。朝のセットと同時にカバーできれば手間がかからない。また、スマートなコンパクトに入った専用コンシーラーなら鞄の中でも邪魔にならない。どちらも、できる男の身だしなみアイテムといえそうだ。

 

 

ルシード 白髪用整髪ジェル 130g 800円(税抜)

問い合わせ マンダム

 

スロウ ヘアカラーコンシーラー 11g 2,800円(税抜)

問い合わせ モルトベーネ

 

小澤佐知子(おざわ・さちこ)

フリーライター・編集・企画。ヘア&ビューティが専門。女性誌はもちろん、男性向けヘアカタログ、薄毛対策記事などを多く手掛ける他、東京・青山にてヘアサロンを運営。

▶小澤佐知子の他の記事を読む