K-Style

働く男の気持ちに寄り添った
セットしやすいラクスタイル

特集|お洒落バーバーが提案! 秋のメンズヘアカタログ 2015

■K-Style

 

「日本一愛し愛される理容室」を理念に、リラクゼーションも取り入れた豊富なメニューを掲げるK-Style。「お客さんを愛する気持ちは負けない」と断言するように、流行を取り入れるだけでなく、お客さんの気持ちに寄り添ったスタイルを提案。忙しく働く男性のために“できるだけ長持ち”“セルフでセットしやすい”ということも常に考えているという。流行を熟知したスタッフが「カッコよくなる」ためのアドバイスをしてくれ、親身になって髪の悩み相談にも乗ってくれる。

 

【カジュアルヘア】

ラフな印象に仕上がる

カジュアル7:3

 

cut7-4 cut7-21 cut7-35 cut7-42

 

「7:3にしてみたいけど、やったことがないという人を想定して考えたカジュアルスタイル」と、スタイリストの横田さん。ベースはツーブロックの7:3スタイル。初心者に入りやすくしているポイントは、トップの長さを残してボリュームを出していること。ラフな印象に仕上がり、古くさいイメージもなくなる。長さがある分、左右に毛束を倒しやすいので、スタイリングがラクなのも初心者向け。髪全体を濡らしてソフトタイプのジェルをつけて、コームで分け目を作るだけ。さらにラフにしたければ、ジェルなしで軽さを出してもOK。その日の気分によって動きをつけて、変化を出せるのも特徴だ。

 

モデル/中村渠将太さん

スタイリスト/横田智也さん

 

【ビジネスヘア】

ビジネスマンの清涼感は

ツヤと耳出しで作る!

 

cut7-63 cut7-70 cut7-78 cut7-85

 

「若々しくやる気にあふれたビジネスマンには“ツヤ”が重要」と言う、スタイリストの横田さんが提案する、ジェルでツヤをプラスしたスタイル。ジェルで出すツヤには、「堅苦しくなりすぎない、適度な清潔感がある」という。全体の長さは残しつつ、耳はしっかり出して“やる気”をアピール。トップは短めに、逆にサイドは長さをある程度残すように調整、襟足に向かってグラデーションに仕上げたもの。“7:3”や“刈り上げ”スタイルに抵抗がある人におすすめしたいと、横田さん。乾かしてジェルをつけるだけというスタイリングも、忙しいビジネスマン向き。流行に流されない、芯の強さを表現できるスタイルだ。

 

モデル/蛭田貴記さん

スタイリスト/横田智也さん

 

K-STYLE HAIR STUDIO

東京都千代田区有楽町1-6-3 日比谷頴川ビルB2F

TEL:03-3502-5115

営業時間:月~金 11:00~20:30/土・日・祝 10:00~18:30

定休日なし

メニュー:デザインカットコース(カット・シャンプー・シェービング・マッサージ・ブロー)4,536円

 

 

撮影/イシワタ タツル

取材・文/山西裕美