OAZO-BARBER

都会を闊歩する大人の男のための
ひねりの効いたギャップヘア

特集|お洒落バーバーが提案! 秋のメンズヘアカタログ 2015

■OAZO BARBER

 

ビジネスとアートがクロスする大人の街・六本木。バリバリのビジネスマンも、クリエイティブな男も往来するこの街で、大人の男の魅力を引出す研究を続ける理容室、OAZO BARBER。スタイリストたちが提案するのは、トレンドはしっかり押さえつつも、これみよかがしに「それ」とは見えないひねりの効いたスタイル。「ギャップは個性」をモットーに、意図的に“はずして”個性に仕上げる技は見事。“人とはひと味違う流行”を手に入れたいなら、のぞいてみたい、都会のくつろぎの空間だ。

 

【カジュアルヘア】

0mm刈り上げとウエーブの斬新コラボ

 

cut9-94 cut9-108  cut9-103cut9-114

 

モデルの「とれかけたパーマ」を生かした、というスタイリストの長谷川さん。ベースは、ラインをキレイに出したツーブロック。刈り上げ部分は、下から上へ0mmからスタート。少しずつ長めに残してグラデーションを作り、トップにつなげる。ラインは眉の高さから“円”を描くような緩やかなカーブに、トップは長めに取り、とれかけたパーマを生かして、ボリュームをプラス。手の平にジェルを取り、後頭部でくしゅくしゅっともみこんで完成。大胆な0mmの刈り上げと長さ残したウエーブ、そのギャップが生み出す“遊び心”は、クリエイティブな男にこそふさわしい個性。とれかけパーマだけでなく、くせ毛の人にもおすすめだ。

 

モデル/佐藤 圭さん

スタイリスト/長谷川隆介さん

 

【ビジネスヘア】

人とは違う個性で勝負!

アシンメトリー7:3

 

cut9-21  cut9-30 cut9-29 cut9-38

 

「みんなと同じじゃ、おもしろくない!」。流行を押さえる感度の高さを持ちつつ、あとひとつ抜きん出た存在でありたいと願う、これからの期待大の中堅会社員に贈る、個性派スタイル。ベースは流行の「7:3」「刈り上げ」。“同じじゃない”その個性のひとつは、分け目のラインが斜めなところ。分け目のスタート地点は普通の7:3、着地点は若干外側。もうひとつの個性はアシンメトリー。7の側はオーソドックスなツーブロックで、3の側はグラデーションをつけた刈り上げ。こだわり抜くならトップは軽めのワックスでボリュームをサイドは重めのワックスでタイトに仕上げればパーフェクト。期待される中堅社員は、人とは違う個性で勝負だ。

 

モデル/上村 潤さん

スタイリスト/長谷川隆介さん

 

OAZO BARBER 六本木

東京都港区六本木1丁目7-28 落合麻布台ビル1F

TEL:03-3588-4543

営業時間:10:00~20:00 ※毎週火曜(第3火曜除く)13:00~22:00

月曜、第3火曜休

メニュー:OAZO・デザインカットコース(シャンプー・ブロー込)4,800円~、シェービングはカット+1,000円

 

 

撮影/イシワタ タツル

取材・文/山西裕美