002

ワキ臭、足裏臭よりも危険な
「ミドル脂臭」の不快指数

 ニオイで相手に不快な思いをさせる「スメハラ(スメルハラスメント)」なる言葉まで流行りはじめるなど、何かと気になる体臭の問題。特に最近、女性が自分に近づくと「ウッ」と顔をしかめるようになった……なんて悲しい経験はないだろうか? それ、もしかしたら汗のニオイでも加齢臭でもなく、知らず知らずのうちに「ミドル脂臭」を発しているのかもしれない。

 

ミドル脂臭とは、化粧品メーカーのマンダムが特定・命名した30代、40代の男性特有の体臭のこと。主に後頭部付近から発生する”アブラ臭い”ニオイで、口臭や足のニオイよりも臭いやすいのだ。しかもこのミドル脂臭、マンダムの調査によれば、特に女性が不快に思う割合が高いのだという。同社の行ったアンケートでは、ミドル脂臭の不快感について「アブラがくさったよう」と、女性からなんとも辛らつな意見が寄せられた。

そのニオイの原因成分はジアセチル。汗に含まれる乳酸が、頭皮に住むブドウ球菌によって代謝・分解されることで発生する。ニオイが不快なだけでなく、少量でも臭気を感じやすく広がりやすいという困りもの。しかも30~40代は一般的な汗のニオイ、加齢臭まで混じり合い、実は人生でもっともニオイに気をつけなくてはいけない年代なのだ。

 

ミドル脂臭を抑えるためには、煙草や飲酒を控えるなど生活習慣の改善と、やはり日頃からのケアが重要。まずは、髪を洗う際は頭皮まで意識してしっかりシャンプーをする、ニオイの発生しやすい首の後ろを丁寧に洗うなど、毎日のバスタイムを見直そう。

 

オレはまだまだ若いから大丈夫! なんて気を抜いてケアを怠っていると、気づけばイヤ~なニオイで周りの女性から敬遠されてしまうかも。特に汗をかきやすいこの季節、正しいケアでニオイ対策は万全に!

 

■関連リンク

LUCIDO-ルシード

文/芳賀直美(OUTSIDERS Inc.)