hige

人気メンズサロン3社を徹底取材
男のヒゲ脱毛、どこがオススメ?

男にとってフェイスケアの“永遠のテーマ”となるもの、それがヒゲだ。シェービングによる肌への負担はこれまでも度々伝えてきたが、そもそものヒゲが少しでも薄くなれば、ケアはもっと楽になり、肌トラブルも減るのではないか…。そんな視点から今回は、人気メンズエステ3社のヒゲ脱毛コースを体験取材し、“ヒゲ脱毛”のメリットを探っていきたい。

 

まずヒゲ脱毛の一般的な流れから見てみよう。どのヒゲ脱毛を行うにしても共通なのが、以下のようなポイントだ。

 

<一般的なヒゲ脱毛の内容>

 

カウンセリング

自分の肌質やヒゲの質、量などを見極める。「脱毛」だけでなく、ヒゲの量を減らす「減毛」も可能なので、自分がどのようにしたいかというイメージをより明確にすることが重要。

 

施術・効果

一般的に直接ヒゲの発毛組織にアプローチする「美容電気脱毛」と黒いものに反応する光を照射する「光脱毛」に分類される。美容電気脱毛はヒゲ1本ずつ脱毛するため、脱毛効果の永久性があり、光脱毛は1アクションで広範囲のヒゲにアプローチし、抑毛できる点が特徴。どちらも施術終了後にはスキンケアを行なうが、ダウンタイムはほぼ必要ない。

 

施術期間

ヒゲの毛周期(ヘアサイクル)は一般的に約2カ月と言われている。そのうち脱毛対象となる成長期のヒゲは表面上に見えているもので約20%。ヒゲの量などの個人差はあるが、約2年で全てのヒゲが生え変わるので、その間定期的に施術することでほぼ全てのヒゲを処理することができる

 

今回ヒゲ脱毛の体験取材にご協力いただいたのは「エルセーヌ MEN」「男のエステ ダンディハウス」「MEN’S TBC」(50音順)の3社。各社の体験コースの内容と特徴は以下の通りだ。

 


 

「エルセーヌ MEN」

<体験コース名> 「デザイン脱毛・減毛コース」

<料金> 初回限定トライコース3,240円(税込)

 

DSC05510

<特徴> 黒い色に反応する光を照射する光脱毛を採用。ホクロや濃いシミなどには事前に白いパックを施すため、肌にも安心。また照射エリアを冷却するためのジェルを塗布するなど、スキンケア対策は万全。トライコースで30ショット照射をしてくれるため、比較的ヒゲの密度が薄く細い場合は、広範囲の施術で効果が期待できる。脱毛中の肌の感触は、輪ゴムをピシッと当てられた程度で軽め。

 

<おすすめタイプ> 将来的な脱毛を検討するため、まずは減毛から体験してみたいという人。できるだけ脱毛の痛みを軽減したい人など。

 


 

「男のエステ ダンディハウス」

<体験コース名> 男の脱毛「ひげ脱毛コース」

<料金> 初回体験コース(30分)で5,400円(税込)

 

IMG_3864

<特徴> 安全性、確実性が高い“ブレンド法”(美容電気脱毛)を使用。アプローチしたヒゲがまた生えてくることはほぼない。高い技術力を持つスタッフがヒゲ1本ずつにアプローチするため効果は高いが、光脱毛に比べて所要時間はやや長めに。1時間の施術で500円玉程度のエリアのヒゲを脱毛できる。ヒゲを抜かれる感触があるので、人によっては光脱毛より少し痛さが感じられるかも。

 

<おすすめタイプ> 施術時間が増えても脱毛効果を持続させたい人。デザインヒゲのラインをシャープにしたい人など。

 


 

「MEN’S TBC」

<体験コース名>「ヒゲ脱毛体験コース」

<料金> 初回来店に限り1,000円(税込)

 

 DSC05394

<特徴> 毛穴の向きや深度を見極め、毛根ごとヒゲを処理する“MEN’S TBCスーパー脱毛”(美容電気脱毛法)を採用。処理が完了した毛はもう生えてこない上、施術前後のスキンケアも充実している。体験コース1回の施術で希望箇所150本の脱毛が可能。光脱毛に比べるとやや刺激はあるが、MEN’S TBCでは高周波法を採用した最新のマシンを導入しているので、ヒゲ1本あたりの処理時間は0.1秒程度。他社に比べて格安料金で体験コースが受けられる点もうれしい。

 

<おすすめタイプ> 濃いヒゲを自然に間引きして薄くしたい人。いらない部分のヒゲを完全になくしたい人、ヒゲ脱毛+フェイシャルケアを視野に入れている人など。

 


 

それぞれの体験コースにそれぞれの特徴、長所があることが分かってもらえるかと思うが、自分に合ったコースがどれかというのは、自分のヒゲの濃さや量とともに、自分がどうなりたいかという“イメージ”によるところが大きいというのが、今回の体験取材の率直な感想。

 

まずはそれぞれの店舗の特徴をふまえ、「ヒゲを全部なくして、シェービングフリーになりたい」のか、「デザインヒゲをカッコよく見せたい」のか、「ヒゲの量を減らして、楽々シェービングをしたい」のかなどを検討する上での参考になれば幸いだ。こう考えてみると、今まで自分には「ヒゲ脱毛なんて不要!」と思っていた人も、手軽に体験できるヒゲ脱毛に興味が湧いてくるのではないだろうか。

 

取材・文/中村 慶