tesuya05-TOP

ここ一番の必殺ワザを持つ強さ。
モテ男は必殺○○を持っている!

連載|恋愛プランナーTETUYAの「モテ男」指南

指先のお洒落を簡単に演出する。

 

こんにちは。恋愛プランナーのTETUYAです。今回は美容と恋愛の必殺ワザについて紹介しましょう。モテる男は、指先のお洒落にも気をつけたいものです。なぜなら、意外と女性は男性の手を見ているし、手はその人の色気をあらわす象徴だと思います。ただ、手の形は生れ持ったものなので、どうしようないですが、「爪」くらいは努力次第で綺麗に見せることも可能です。勿論、時間とお金があれば、ネイルサロンに定期的に通えれば100点満点ですが、一般的には難しいですし、ネイルケアセットを買って、自分でせっせと磨くのも、根気のいる仕事。これも継続するのは難しいですよね。

 

そこで誰でもできる簡単な必殺ワザが、肌色に近い薄いピンクの「ネイル」を直に塗ることをおすすめします。どこのブランドでもその色があれば、いいと思います。ちなみに僕が使用しているのは「アディクションのネイルポリッシュの008」。これはほんと自然なツヤ感で、一見、磨いてる風に見えます。1週間くらいはもつので、週に1回程度塗り直せばOKです。

 

お茶目な恋愛の必殺ワザ!成功率99%

 

長年使っている成功率99%の恋愛の必殺ワザを紹介します。要はこのワザは、あなたに興味のある女性に「ゲームに負けた」という理由を与え、あなたの願望を叶えるための必殺ワザです。

 

具体的には、昔、流行った「○○10回クイズ的なモノ」「早口クイズ」的なものを、ふたりきりの会話のクロージングで使います。ここで言うクロージングとは、例えば「この後2軒目に行く」などのライトな願望から「ふたりで旅行にいく」「大人の関係になる」などヘビーな願望を叶えることです。ちょっとだけ、会話の事例を紹介しましょう。

 

(男)友達から教えてもらった面白いクイズあるんだけど、やってみない?

(女)何、それ?

(男)ミャンマー(国の名前)って言える?

(女)ミャンマー

(男)言えるでしょ。これを交互に増やして言っていくんだけど、俺がミャンマー

   って言ったら君がミャンマー×2回みたいな。

(女)私、早口言葉得意だからいいよ。

(男)そんなに得意なら、もし、間違ったらもう一軒行こうよ。俺が負けたら、帰ろう!

(女)わかった。

(男)ミャンマー

(女)ミャンマー、マンマー(苦笑)

 

勿論前提として、あなたが、このノリのトークが使えるキャラであること。ふたりの関係が7割型、決定打は無くても、お互い、いい感じの関係であることが必要です。男も負けたらリスクを背負うというところもミソですが。

 

 

TETUYA(てつや)

恋愛プランナー。美容業界に従事し、年齢を問わない女性とのコミュニケーションスキルを実践で磨きあげる。一方、職業柄、合コンの経験も豊富で現在まで合コン300回以上経験。その経験から、女性、男性に向けた独自の恋愛コミニュニケーション論を確立。

▶TETUYAの他の記事を読む