philips-tekimo

許される毛、許されない毛
世界基準の“適毛男子”とは?

よく「海外で日本人男性はモテない」という話を耳にするが、その理由のひとつが体毛だとしたら…? フィリップスが20~39歳までの外国人女性100名を対象に実施した調査で、半数近くの外国人女性が、“ビーチで見えた濃い体毛”や“電車で見えたワキ毛”など「日本人男性のムダ毛で不快な思いをしたことがある」と回答していることが明らかとなった。

 

まさか“ワキ毛”すらNGとは…。そもそも日本では「ワキ毛やスネ毛のケアは女性がするもの!」というイメージからか、毛の処理には無関心な男がほとんど。これでは「外国人女性にモテない日本人男性」というレッテルも仕方ないのか…と思いきや、勇気と希望を与える調査結果も。なんと、外国人女性の8割以上が「日本人男性は恋愛対象になる」と回答したというのだ。8割以上だったら自分もいけちゃう!? そんな淡い期待が湧いてきたところで、次は彼女たちのリクエストに耳を傾けたい。

 

【男性に体毛処理をして欲しい部位(欧米人女性)】

1位 アンダーヘア

2位 背中毛、下腹部の毛

3位 胸毛

 

【男性に体毛処理をして欲しい部位(アジア人女性)】

1位 胸毛

2位 ワキ毛

3位 腹毛

 

国籍により女性が男たちに求める体毛ケアの部位に違いがあることが分かったが、さらに調査を進めると、女性が好印象を持つ部位ごとの”毛の具合”があることが明らかに。

 

女性全体(日本人女性100名も含める)の調査結果によると「胸」「お腹」「背中」はツルツルが良いが、「ワキ」「腕」「スネ」はサラサラが良いという。サラサラとはまた微妙な表現だが、「ワキ」で1~3mm「スネ」で1~3mmということで「一応短めに整えられている状態」と言っていいだろう。ちなみに、欧米人女性がケアを望む「アンダーヘア」については2cm以上が最も支持される結果だった。

 

筆者の場合、全身ツルツルには抵抗があるが、この程度の“適毛”ならできそう! 近年、こうした体毛ケアをする“適毛男子”は増えているようで、男性向けの体毛ケア関連商材も充実してきていている。特殊な光治療による痛くない脱毛サロンや、毛の長さを整えられるボディ用のシェーバーなど、誰でも手軽に“適毛”にチャレンジすることができる。露出が多くなるこれからの季節、伸び散らかった体毛をケアしてみては。海に行った時、薄着で出掛けた時に“適毛”の効果を感じるかも!?

 

文/hiroyuki