vitamin

忙しい年末。ビタミンC摂取で
風邪、ストレス、疲労から解放!

今年も、年末の慌ただしい季節がやってきた。今年中に片付けなきゃならない仕事をせっせとこなし、夜は連日忘年会…。疲れた身体に寒さも重なって、風邪でゴホゴホ咳でもすれば、この時期、同僚から迷惑がられるのも当然だ。じゃ、どうするか。

 

「ビタミンC摂っとこ」。

 

そう。これ、正しい。子供の頃から日本人に語り継がれる“風邪予防にはみかん”。

 

とりわけ外皮にはビタミンCがたっぷり含まれていて、このビタミンCが免疫力を高めたり、もし風邪を引いてもその症状を軽くすると言われる。(実だけでなく、小袋やすじも食べるとビタミンCがたっぷり! 皮の入ったマーマレードもおすすめ)他にも、優れた美肌効果や最近では憂鬱感やストレスの緩和、また、がんの発症リスクを下げると話題になり、ますますビタミンC信者が増加。でもこのビタミンC、その摂取方法がとても重要で、間違えるとほとんど意味のないことをご存じだろうか。

 

orange

 

ビタミンCは加熱するな!生で食べよ

 

ビタミンCは水溶性ビタミンに属し、水に溶けやすい特徴がある。つまり、野菜を洗うだけでもどんどん流失してしまうのだ。また、熱にも弱く加熱調理でも失われるので、食品の場合は生で食べるのが効率的。結果、サラダや果物がベストといえるだろう。

 

では、フルーツジュースはどうか。これは市販品より自分で果物などをミキサーにかけて飲むのがベストだが、ビタミンCは酸化しやすいため、作ったらすぐに飲む! これに限る。そう考えると、果物などをそのまま食べるのがやはり一番簡単な摂取方法なのだ。

 

ちなみに成人男性が一日で必要なビタミンCの量は100mg。みかんなら1日3個~4個、じゃがいもも同量…と、結構な量を食べなければならない。だからこそ、いろいろな食品から摂取することが無理なく長期的に続けられるコツなのだ。

 

ではここで、年末を乗り切る上手なビタミンCの摂り方をまとめてみる。

 

●3時間程度で排出されるビタミンCは、1日3回(朝、昼、晩など)に分けて摂取
●みかんは小袋、すじも一緒に食べるとビタミンC効果が急激にアップ
●柿、キウイ、いちご、レモンにもビタミンCがたっぷり。野菜が苦手ならこれらを食べよ!
●水に長時間さらさない、熱を加え過ぎないが栄養をキープするコツ
●野菜スープはスープにビタミンCが流れ出ているので、汁も残さずしっかり飲むべし
●じゃがいも、ピーマン、ゴーヤのビタミンCは熱に強い。加熱調理でもどんどん食べよう
●ストレスや憂鬱な気分、疲労が慢性化している人は吸収の早いサプリメントに頼るのも手
●喫煙者は体内のビタミンCが大幅に失われる。積極的に摂取を心がけよ!

 

 

サプリメントなら吸収率がグ~ンと上がる!

 

より効率的にビタミンCを摂取したい場合はサプリメントがおすすめだ。先にも述べたように、ビタミンCは体内からすぐに排出されてしまう。例えばビタミンCのサプリメントなどを一度に大量摂取すると、尿がいつもより黄色いと感じる人は多い。そう! これこそビタミンCが流れた結果。だからこそ、数回に分けてビタミンCを摂取するのが理想と言われているのだ。が、女子じゃないし、そんなことは正直面倒くさい。で、おすすめなのがサプリメント。食品と違い、吸収と持続をサポートする成分を含有するものが多く、効率的にビタミンCを摂取できる。特に喫煙者はタバコを1本吸う度に体内のビタミンCが損失するので、右ポケットにタバコを入れたら、左ポケットにはビタミンCサプリメントを忍ばせることを常識にすべきなのだ。

 

世の中が忙しなくなる12月。ビタミンCをしっかり摂取して、風邪や疲労、ストレスを吹き飛ばすストロングな男を目指せ!

 

ライターおすすめ!

このビタミンCサプリが男を上げる!!

 

発売前から美容ジャーナリストの間で話題を呼んだリポ・カプセルビタミンC。高濃度ビタミンC点滴を取り扱う医師が補完サプリメントとして使用するほどその実力は確か。ビタミンCをナノカプセル化することで吸収できる限界の壁を超え、持続性も飛躍的にアップ。1包で1,000mgのビタミンCが摂れる。

 

DSC_0979

 

Lypo-C リポ・カプセルビタミンC

1箱30包入り 7,200円(税別)/スピック

 

■関連リンク

Lypo-C

 

小澤佐知子(おざわ・さちこ)

フリーライター・編集・企画。ヘア&ビューティが専門。女性誌はもちろん、男性向けヘアカタログ、薄毛対策記事などを多く手掛ける他、東京・青山にてヘアサロンを運営。

▶小澤佐知子の他の記事を読む