DSC_0426

丸の内で働く男たちの強い味方!
1000円以下で楽しむ健康定食

体の中から身だしなみ! デキる男のグルー飯 -GROOMESHI-

ヘルシーでありながら、男性でも満足できる味とボリュームを備えたメニュー「グルー飯(メシ)」。今回も都会で働く男たちの胃袋を満たす、グルー飯を提供するお店を紹介しよう。グルーメン諸君、腹を減らして読むべし!

 

栄養バランスに優れた”一汁一飯三主菜”の定食

 

グルー飯二皿目は、忙しい丸の内ワーカーにおすすめの「鹿屋アスリート食堂 丸の内」。2014年12月にオープンした同店は、「街の健康食堂」がテーマ。実際のメニューの分析をプロの管理栄養士が行い、「スポーツ栄養学」に基づいたおかずの組み合わせで、様々な健康志向に合わせた食事を形づくるという、これまでになかったバランス定食の提案をしてくれる。単に低カロリーなだけではなく、体に必要な栄養が摂れるメニューが揃うのが魅力的だ。

 

選べる3つの主菜、汁物、ご飯で構成する「一汁一飯三主菜」は、体質改善・健康志向に合わせて、必要な栄養素をバランスよく摂取することができる。

 

DSC_0387

 

注文方法は伝票からメニューを選び入店、入口にあるオーダーシートに記入する。管理栄養士に相談に乗ってもらうこともできるので、気軽に尋ねてみよう。

 

メニューは「野菜がメインの主菜」「野菜と肉・魚・卵の主菜」「肉・魚・卵がメインの主菜」から一つずつセレクト。カロリー、塩分も表示されているので、栄養バランスを自分で考えながら選ぶと、より本格的だ。

 

旬の食材を使用し、彩り豊かな定食を自身の健康志向や目的に応じ、自由に組み合わせることができる。 月2回新メニューが登場するので飽きる心配もなし。おかずの種類が15種類もあって迷ってしまう! なんていうのも楽しい時間だ。

 

DSC_0410

DSC_0412

DSC_0411

 

今回オーダーしたのは、韓国風サラダ、豆苗とれんこんのツナ和え、ルーミートの和風煮込みハンバーグ、鮭のかす汁。さらにご飯はアス米160gをチョイスした。

 

アス米とは鹿屋産イクヒカリの胚芽米にキヌアや押し麦をはじめ、数種類の穀物を配合したオリジナルブレンド米のことだ。

 

ヘルシー食なんて、「食べ応えがなくて物足りない!」と思われるかもしれないが、きちんとおいしくて満腹になるのでご安心を。特にこのカンガルー肉のハンバーグは、栄養が高くて低カロリー、そして低脂質とアスリート御用達のお肉なのだとか。淡泊な味わいのなかに旨みがあり、アスリートならずとも挑戦してほしい味だ。お米や野菜の量も選べるようになっているので、その日の体調と食欲次第で選ぼう。

 

ヘルシー、味、ボリュームと3拍子揃って、値段は1000円以下の970円(税込)。これなら文句なしだ!

 

DSC_0417

 

さらに注文したメニューのカロリーや栄養素がレシートに記載されているので、摂取した栄養素が一目瞭然。簡単に食事記録をつけることができるので、日常の健康管理にも役立てられそうだ。

 

DSC_0426_2

 

「お店で食べる時間がないという人にはテイクアウトできる『アス弁』がオススメですよ。不足しがちな栄養素をしっかりバランス良く摂れるお弁当は、長時間にわたる会議のお弁当などで利用されることが多いですね。ご注文・デリバリーのご相談も常時お待ちしております!」と話すのは、普段からメニューの監修にも携わっているという管理栄養士の小野寺さん。

 

夜はアルコールや酒のアテにぴったりな小鉢なども提供されるため、「仕事帰りにふらっと一杯やっていく方も多い」(小野寺さん)という。お酒と楽しむ三主菜を提案してくれるので、健康的に一日の疲れを癒してくれそうだ。

 

忙しくて栄養バランスが偏っている人はもちろん、日ごろから運動をしている人にもおすすめだ。スポーツ栄養学に基づいた健康メニュー、ぜひ日々の食事に取り入れてみては。

 

【SHOP DATA】

unnamed-2

鹿屋アスリート食堂 丸の内店

東京都千代田区丸の内3-1-1 国際ビル B1F

03-5208-5011

営業時間 11:00~14:30(L.O.)、17:30~21:30(L.O.)、土曜(昼のみ)11:00~ 14:30(L.O.)

定休日 日・祝(貸切の場合は営業)

http://www.asushoku.com/index.php

 

取材・文/竹治昭宏