シック マルチボディシェーバーの
使い心地は?編集部でお試し

腕や脚など、肌を見せた服を着る機会が多いこの季節は特に自分の体毛が気になりがち。

とはいえどうお手入れしていいのか分からず、そのままにしている人も多いのでは?

体毛の処理方法はさまざまで、自己処理だとカミソリ、除毛クリーム、脱毛テープなど、プロに任せる場合は医療脱毛やエステ脱毛、ブラジリアンワックス…といったように多岐にわたる。

そこでGROOMEN編集部が気になる体毛ケアを実際に試し、一部始終をご紹介。

今回、家でできるお手軽な体毛ケアとして、編集部が挑戦したのはこちら!

 

毛をすく・剃る・肌を潤す がこれ1本で!

シック マルチボディシェーバー

肌に優しいボディ用5枚刃+電動スキカミソリが1本になった“オールラウンドモデル”のボディシェーバー。浴室でも安心な防水加工で、胸、脇、腕、脚、腹、背中、VIOなど全身に使用できる。ボディ用5枚刃には水に触れると溶け出すモイスチャージェル*1 が付属しており、肌の負担を軽減してくれる。Schick公式ストア、楽天、AmazonのEC限定で販売中。

*1: 水に触れるとモイスチャーソリッド(シェービング剤)が溶け出しジェルになります。

 

乾電池と替刃がセットになっている。

置いたときに刃が浮く設計になっており、衛生面でもGOOD。

 

今回は腕に使用してみた。処理前の腕はこちら。

 

1本1本の毛が細いため遠目で見ると目立たないが、毛量は一般的。

 

最初にシェービングジェルを塗布。今回使用したのはシック ハイドロ プレミアム シェービングジェル。透明ジェルで剃る部分が見えやすく、初めてシェービングジェルを使う人にもオススメ。刃すべりが良くなることはもちろん、肌への摩擦を軽減してくれるのでボディシェービング時にも使用をオススメしたい。

 

電動スキカミソリ

電動スキカミソリからお試し。アタッチメントは4段階*¹の長さ調節が可能。今回は変化が分かりやすいように0.3mmを使用してみた。

 

 

写真では変化が分かりづらいものの、毛がまばらに、長さが短くなった。

体毛ケアが初めての人、いきなりツルツルに剃り上げるのは抵抗があるという人は、まず電動スキカミソリでお手入れして仕上がりを確認してみるのがオススメ。また、すね毛など毛が太く毛量もしっかりある部位に良さそうだ。

 

ボディ用5枚刃

次に、ボディ用5枚刃に持ち替えてお試し。

 

ひっかかりがなく、なめらかな剃り心地。恐らくシェービングジェルを使用した効果もあるが肌に負担を感じずにスルスル剃れていく。

しっかり毛をキャッチし、ワンストロークで一気に剃り上げてくれるので何度も剃り上げる必要がなかったのも良い。

 

剃り上がりはスベスベに。近くでチェックしても剃り残しは見られない。根元からキレイに剃り上げられたようだ。

 

BEFORE AFTERをチェック

もともと毛が目立ちにくいタイプではあったものの、使用前の写真と見比べてみると違いが一目瞭然。

今回使用したマルチボディシェーバーの一番の魅力は、やはり「すく」「剃る」がワンアイテムで実現することだろう。ボディパーツによって剃り分けをしたい人も、これなら別々に買う必要がなく無駄な出費を抑えられるのがありがたい。

なお、今回使用した「マルチボディシェーバー」は今注目が集まっている男性VIO*2 ケアにも対応可能。お風呂場も使用可能なウォータープルーフ設計の電動トリマーと5枚刃カミソリを組み合わせることで、処理の難しいVIOでもデザインしつつキレイに剃ることができる。

1本で全身のケアが叶う、まさに体毛ケアデビューにオススメの1本だ。

*2: Vライン(ビキニライン)、 Iライン(陰部の両側)、Oライン(肛門周辺)のアンダーヘアのこと

 

【商品詳細】

商品名:マルチボディシェーバー 本体(刃付き)+替刃1コ+乾電池

希望小売価格:オープン価格

内容量:112g

購入方法:Schick公式ストア、楽天Amazon

 

あわせてオススメ

商品名:シック ハイドロ プレミアム シェービングジェル

希望小売価格:オープン価格

内容量:200g

購入方法:Schick公式ストア、楽天Amazon、ドラッグストア店舗

 

シック スタイルシリーズ 公式サイト