main2

ハゲない、透けない、毛が生える!?
プロが教える裏ワザホームケア

毎日行うへアケア。なにげなく洗髪してスカルプ剤もサラッとなじませて……と、ルーティンワークとしてただ淡々と行っている人は多いことだろう。でも、ほんの少しのポイントを押さえるだけで、頭皮の健康状態や育毛効果、またスタイリングのモチなどが格段と上がるのをご存じだろうか。

 

今回は、“面倒なし! だけど髪がイキイキする、簡単ヘアケアテクニック”をヘアサロンMAGNOLiAの店長、DAISUKEさんに伺った。ご本人も行っているプロのワザ、効果あること間違いなしだ!

 

 

Technic1:インバスタイム シャンプーはこめかみから洗うべし!

 

ワシャッと髪のある部分だけを洗いがちなシャンプー。でも、シャンプーの本来の目的は毛穴の掃除。特に薄毛になりやすい額周りの地肌は、十分に汚れをオフするべきだ。

 

「こめかみから洗う感覚で洗浄することを習慣にしましょう。この位置からトップに向かってクルクルと螺旋を描きながら洗います。額周辺はかなり皮脂も多いので、特に毛穴が詰まりやすいです。薄毛予防のためにもぜひ習慣にしましょう。また、血行も促進されますし、上に向かってマッサージすると頭皮自体のたるみも予防できます」(DAISUKEさん)

 

G176682

 

シャンプーを塗布したら、額から頭頂部に向かって優しく螺旋を描きながらマッサージ。

このプロセスを加えて、額ハゲをしっかり予防!

 

 

Technic2:インバスタイム 首ツボを刺激して血行を促進!

 

首には血行を促進するツボがある。耳たぶの後ろとその下、さらに襟足の左右のくぼみ部分(下の写真で押している位置)だ。ここを指で強めに刺激すると、血液の巡りが良くなる。薄毛予防に欠かせない血行促進、シャンプー後に行えば首や肩のコリも解消しやすいので、毎日取り入れてみよう。

 

G176684

 

指の腹で圧をかけるようにじっくり押す。眼精疲労も解消されるので、スマホやパソコン疲れの後にも効果的!

 

 

Technic3:アウトバスタイム スカルプ剤は髪をかきわけて地肌にシュッ!

 

タオルドライ後に付けるスカルプ剤。こちらもまた、適当に数か所吹き掛けて終わり! なんてこと、ないだろうか。

 

「スカルプ剤は、地肌に直接馴染ませないと意味がありません。トップ~襟足まで、数回に分けてなじませますが、このとき地肌を開くように髪をかきわけて塗布すると効果的。そこからしっかり指の腹でマッサージし、頭皮全体に巡らせましょう」とDAISUKEさん。そう。なんとなく付けていては、地肌までスカルプ剤が行き届かず、全く意味なし!なんてことに。きちんと内側に浸透させるイメージを持って使うことが、抜け毛や薄毛予防&改善につながるのだ。

 

G176688

G176692

 

写真のように頭皮が見えるまで髪をかき分け、直接地肌に吹き掛ける。頭皮を活性化させるためには、このルールをきちんと守ろう。

 

 

Technic4:スタイリングタイム こめかみ周辺の薄毛はドライヤーの風でカバー!

 

額の薄毛が気になる人は、そこを隠そうとまっすぐに髪を下ろす傾向が強い。でも、額にピタッと貼りついて見えたり、すだれみたいに透けたりと不自然になってしまうケースも。

 

「分け目に沿ってドライヤーをかけると、髪1本1本に立体感が出ないため、より

薄毛を目立たせる結果に。あえて分け目と逆方向に8:2ぐらいに分け、そこからドライヤーの熱を当てて根元を中心に乾かします。十分に乾いたら、いつもの分け目の方向に戻すと髪がふわっと起き上がり、自然に額をカバーできます」(DAISUKEさん)

 

G176706

 

前髪のうねりが気になる人や、パカッと割れ目ができてしまう場合もこのテクニックがおすすめ。あえて分け目と逆から熱を当てると、髪にハリ感やボリューム感が生まれて、顔周りの髪がキリッときまるのだ。

 

 

Technic5:スタイリングタイム 頭頂部の薄毛は”引き出して→根元に温風”が効果的

 

薄毛の場合、毛そのものも細く弱っているため、1本1本にコシがない。そのため、より薄さが強調される。特にトップは面が広く、透け感が目立ちやすいので要注意だ。

 

「そんな場合、乾かすときに薄い部分の毛束を引き出し、根元にしっかりと温風を当ててみましょう。これを薄い部分全体に行うと根元にハリ感や立体感が生まれるため、フワッとして密度が濃い印象になれますよ」(DAISUKEさん)

 

G176717

 

髪が濡れているうちに行うことが大事。引っ張って熱を当てたら、冷えるまでその状態でホールド。この冷める瞬間に形状が記憶される。

 

 

以上、毎日のヘアケアやスタイリングで行える簡単ポイントテクニック。どうせやるなら効率的に行うのが絶対にお得! ぜひ実践してみては?

 

 

協力:MAGNOLiA harajuku

 

小澤佐知子(おざわ・さちこ)

フリーライター・編集・企画。ヘア&ビューティが専門。女性誌はもちろん、男性向けヘアカタログ、薄毛対策記事などを多く手掛ける他、東京・青山にてヘアサロンを運営。

▶小澤佐知子の他の記事を読む